FC2ブログ

グローバルヒストリー

ものすごいおもしろい本を読んだ。
読んだというより「出会った」といったほうがピッタリくる。

図書館の棚に置かれていた新書版。

「駒形丸事件」

初めて聞く事件だ。
副題は「インド太平洋世界とイギリス帝国」となっている。

文章のうまさにぐんぐん引きずられて、その日のうちに読んでしまった。

img20210418_19412273 (2)

第一次世界大戦が勃発する直前の1914年、事件はカナダで起きた。

インド人ビジネスマンが連れてきたインド人移民376人が、
カナダ政府に上陸拒否された事件で、
その移民を乗せてきたのが日本の船会社所属の「駒形丸」だった。

イギリス帝国、イギリスの植民地インド、帝国からの独立をもくろむカナダ。
日英同盟の手前、動けない日本。

どこまでもついてくる人種差別


♪すべて白人みな兄弟 黄色いやつらはずる賢い
  ほかのところへ行きやがれ
♪白人の地のために闘おう 国王万歳が合言葉
  ホワイトカナダ永遠に!


差別の内容はインド人、中国人、日本人それぞれ違うが、
先住民はその中からも排除されていた。

駒形丸の移民たちは上陸拒否で2か月間も船に閉じ込められ、
そのまま本国へ送還。しかし帰った自分の国で虐殺に遭ってしまいます。
img20210418_19395658 (2)

香港、上海、門司、神戸、横浜、カナダ・バンクーバー、ビクトリア、
シンガポール、インド・コルカタ(カルカッタ)を漂流すること5カ月

この5か月間の出来事を丹念に追うことで、当時の政治情勢、各国の思惑、
暗躍するビジネスマンの動向、移民の実体などを浮かび上がらせた。

それに暗殺、虐殺も加わって…。

昔、ちょっと滞在したカナダの風景を思い浮かべながら、
推理小説も及ばないスリル満点な歴史の真実を見せていただきました。

著者は英国史がご専門の大阪大学教授の秋田茂氏と、
カナダ史、イギリス帝国史がご専門の鹿児島大学教授の細川道久氏。

img20210418_19404417 (2)
秋田教授(右)、細川教授(左)。本よりお借りしました。

第一次資料にあたり、現地に足を運ぶなどして、
共著の出版まで10年の歳月を費やしたとか。

本のカバーに、こうありました。

「日本ではほとんど知られていない駒形丸事件だが、
この小さな事件を通してミクロな地域史からグローバルな世界史までを
総合的に展望できる。

移民史、政治史、経済史を融合させることで、インド太平洋からの
新しい世界史像を提示するグローバルヒストリーの画期的な成果」

歴史の本を読むと著者たちのこんな嘆きにたびたび出くわします。

「学校では地理、日本史、世界史と別個のものとして、
それもほんのちょっと教えるだけ」

その嘆きをこの本は吹き飛ばしてくれた。

著者の一人、秋田教授はあとがきにこう記してる。

「本書はどのような形で世界史と日本史の研究成果の接合・融合
可能になるか、具体的な事例をわかりやすい形で提示することを試みた」

この事件から約1世紀たった2016年、カナダのトルドー首相は、
議会で「駒形丸事件」の謝罪表明を行った。

そして、事件の現場だったバンクーバーに追悼記念碑を建てた。

私はかつてカナダの教師から聞かされたこんな言葉を思い出した。

「カナダはそれぞれの母国のカルチャーをお互い尊重しつつ、
一つの国をつくっていこうとする国です」

姉亡きあとは遠い国になってしまったけれど、思い出は今も心に。
img20210421_17461441 (2)

本は手軽な新書版ですが、中身は分厚く濃い。

なによりもわかりやすく読みやすい。

久しぶりに本に酔いました。


※「駒形丸事件ーインド太平洋世界とイギリス帝国ー」
  秋田 茂 細川道久 筑摩書房 2021年1月10日


     ーーーーー◇ーーーーー

高島先生ブログ(4月21日)

「千葉県成田市土屋・成田山霊光会館」

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



だから歴史はおもしろい

余談ですが、
中ほどに「村の絵図」が出てきます。
あの「サーバルキャット脱走」があった住宅地の江戸時代の姿です。

       ーーーーー◇ーーーーー

通説をひっくり返すとか、
歴史の裏側を暴露するという話は面白いですね。

そんな本に出合うと、私はすぐ飛びつきます。

でも著者が展開して見せる「歴史のカラクリ」に、
私の知識や想像力が追い付かず、読むのを断念した本もあります。

高橋五郎氏の本。

「天皇奇譚」「天皇の財宝」「スパイ・ベラスコが見た広島原爆の正体」

ドキュメンタリー映像のプロデューサーで、同県人というので、
ちょいとワクワクして読み始めたけど、2冊目であえなくギブアップ

どうやら私の意識も脳みそも、著者の言う「正史」に侵されているらしい。

でも、「ありうるかも」と思いつつ読んだ本もあります。

これです。著者は斎藤充功氏。
img20200628_08084661 (3)
斎藤充功 学研 2014

フルベッキ親子と幕末の青年たちの集合写真から、真実に迫った本です。

在野の著者たちが、この写真の中央に座っている若者を、
すり替えられた明治天皇の「大室寅之祐」だとしていたのを、
丹念な取材と東京歯科大学の橋本教授の鑑定から完全否定

ただし著者は、「すり替えはあった。大室は当て馬」としています。

私がこの本で、一番関心を持ったのは、
九州の郷土史家たちの間違いを次々暴いていったこと。

私の身近にも思い込みのまま、原稿を書き上げた人がいる。

知人は、旧家のA家に興味を持ち、
「A家は武田信玄の血筋の家で、現在の屋敷は中世からつづく館だ」
として、何年もA家の出自を追いかけていた。

このA家については元・資料館館長が長年、出入りして調査していたから、
知人の書いたものが真実なら、元館長がとっくに発表していたはず。
※A家のご当主は、館長以外は出入りを断っていた。

こちらは、私がその館長からいただいた宝暦11年(1761)の村絵図です。

※今は完全な住宅地です。あのサーバルキャットは、
  ここの個人宅から脱走して、背後の山の反対側で捕獲されました。

img20200710_10404508 (3)

元・館長の話では、
「これ(赤丸の場所)がA家です。
A家は江戸時代中期後半には現在地ではなく山の中腹にあったんですね。
先祖は宮城県から来たと聞いている」

また、青丸は「畑地」とあり、その隣りは他の集落。
つまり、ここは湿地帯で人が住めない村境になっていた。

ですが知人は、ここについても、
「地図にある道部海道は、その名の通り海へ続く道の意味で、
年貢米を舟に積んで運んだのです」と。

そんな記録はどこにもない。

「これは当て字で、道部は湿地帯のドブ、海道はカイト
つまり他の集落と区別した一画で村境のことですよ」と言っても聞く耳持たず。

A家は山林や石切り場を支配していて、本人が書いた「名主日記」にも、

「切った石や木材は尾根の反対側の沼の船着き場へ落としていた。
そこで船に積み、沼を渡り川へ入った」と書かれている。

自分に都合のいい歴史のパーツだけを拾ってしまう過ちは、
だれもが犯しがちで、私だって知らず知らずやっているかもしれません。
困るのはそれが定説になってしまうこと。

こちらは、長年、定説とされていた江戸時代の文書や絵図などを、
一人の作者によって偽造されたものとして暴いた本です。

著者は大阪大谷大学准教授の馬部隆弘氏。
img20200628_08084661 (4)
中央新書 2020

椿井政隆=明和7年(1770)~天保8年(1837)という国学者が、
中世の地図、失われた大伽藍や城の絵図、家系図など数百点も偽作した。

問題は、それが近畿一円に広がり、
各自治体の市町史に史実として掲載されていることだという。

多くの学者、研究者がこれを信じ、今なお信じている人もいるという。

江戸時代から「偽物」と指摘する声もあったが、
その都度、時の学会の権威から消されていったという。

著者によると、例えば「東日流外三郡誌(つがるそとさんぐんし)」などの
偽文書はたくさんあるが、これほど膨大なものはないという、

若き著者が権威ある学者たちからの批判にひるむことなく
何年もかけて一人コツコツと検証し世に問うた。

まさに「衝撃の一冊」です。

しかし、このことがひっくり返されることもあるやも知れず、
学校で教える「正史」もまた、真実を語るとは限らない。

だから歴史書はおもしろい。


※附けたり
自粛中読んだ中で、一番読み応えがあった本はこれでした。

「同調圧力」について、考えさせられました。

img20200712_04182837 (2)

「独裁者ヒトラーの時代を生きる
  ー演説に魅入られた人びとと「つまづき石」ー」

NHKエンタープライズディレクター大島隆之 集英社 2019


     ーーーーー◇ーーーーー

高島先生、ブログ更新。稲敷市「管天寺」


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村


かまど神

熊本に端を発した地震は中央構造線上を大分へ延びたそうですね。

私の住む静岡県はこの中央構造線と糸魚川・静岡構造線、
それに富士川断層が三つ巴に重なる地域です。

おまけに建物は、かつての大湿原、つまり軟弱地盤の上に建っています。
また偏西風の通り道ですから、浜岡原子力発電所で事故が起きたら、
もうオシマイ。

自然破壊だけなら勤勉な日本人のことですから、
未来へ向けてすぐ復興に着手しますが、山河が放射能まみれになったら
お手上げです。断層・構造線上にある原発の無事故を祈るしかありません。

今日は力石からちょっと離れて、「かまど神」のお話です。
これは、
「かまど神」が分布する岩手県・宮城県を歩いて調査した方の本です。

img010.jpg

「はだかかべ」とは、明治から昭和初期まで壁塗り(左官)職人だった
岩手県気仙郡竹駒村(現・陸前高田市)の阿部浅之介という人物のことです。
年中、フンドシ一つの裸で壁塗りをしていたのでそう呼ばれていたそうです。
「かまど神」製作者の一人でもあります。

この「かまど神」というのは、この地方特有の家の守り神なんですね。
こういうかまど神を知ったのは、岩手出身の方のブログ
「f-kafkappaの日記2 -緑と青の風に乗ってー」からです。

ブログ主のkappaさんは、最近故郷に古民家を買ったそうです。
故郷は「1000年前、蝦夷のアテルイが倭と戦った地」で、
古民家は、
が生まれ育ち嫁ぐまで暮らした私たち兄弟の祖父母の家」

お母様は東日本大震災の最中に亡くなり、
この地も放射能に汚染されてしまったそうですが、忘れがたき故郷です。

その家に残っていた「かまど神」です。目に貝殻がはめ込まれているようです。
f241eab6caadc3f18f37b04b0954053c.jpg
kappaさんのブログより

ユーモラスというかちょっと不気味というか…。
とにかく存在感抜群。
静岡県などではかまど神といえば「三宝荒神」なのでこれには驚きました。

かまど神はその家の主人に似せて作ったりしたそうですから、
kappaさん宅のかまど神もご先祖のお顔かもしれませんね。

もう一冊、ご紹介します。
昭和33年発行の「ものいわぬ農民」です。
img014.jpg

作者は明治42年に岩手県の山村に生まれた大牟羅 良です。
17歳で代用教員、戦地から復員後は行商で家族を養い、
その後、雑誌「「岩手の保健」の編集者になった人です。

昭和25年ごろ、某大学教授が六三制をどう思うかというプリントを
村に配った。そのとき大牟羅は農家から相談を受けた。
「これはお上の調べでがんすべか? アメリカさんの命令だべすか?
なじょに書けばよがすべ?」

大牟羅は村人たちが、
「自分はこう思うのではなく、相手のご機嫌を考えて回答する」ことに
心を痛めます。

「何を基準に決定するかというと、世間ではどう思うだろうかということが
大きな条件になっている。
自分一人が猫のように十二支からはずされるわけにはいかない、と」

でもこれは、岩手に限ったことではありません。
今もどこでもこんな感じじゃないでしょうか。

しかし、「ものいわぬ農民」ばかりを責められないとも大牟羅はいう。
84歳のおばあさんは大牟羅にこう告げた。

「戦争に負けたおかげでおらにも選挙権がきた。だから欠かさず行っていた。
税金安くしてけるの年寄は死ぬまで大切にしてけるのというから。
だども空法螺(からっホラ)ばかりだから、もう行くのは止めた」

img015.jpg
「ものいわぬ農民」より

この本には貧しい暮らしがたくさん書かれています。
私には信じがたい貧しさです。

ある家で5歳の男の子が亡くなった。
貧しさゆえに、生きているときには一枚も写真を撮らなかったその子の、
せめてこの世に存在した証しをと、父親は死んだ子を抱いて写真を撮ったそうです。

かつてのそうした農村が、今、放射能で打ちのめされてしまいました。
私には人がいなくなった被災地の写真のどれもが、
死んで初めて父親に抱かれて写真を写してもらえた子」の
その写真とダブって見えてしまうのです。

再び、九州がそうならないよう祈りつつ…。



※画像提供/ブログ「f-kafkappaの日記2-緑と青の風に乗ってー」
※参考文献・画像提供/「かまど神とはだかかべ」新長明美 
               日本経済評論社 2004
              /「ものいわぬ農民」大牟羅良 岩波書店 昭和33年

ちょっと横道、本の話

江戸後期に活躍した力持ち力士、三ノ宮卯之助の話、佳境に入ってきましたが、

ちょいと疲れました。

なにしろ卯之助はこの世界では超有名人。卯之助研究者の目も光っています。
ここらでひと息入れることをお許しください。

ちょうどタイミングよく息子のお嫁さんからマンゴーが届きました。
CIMG2237.jpg

マンゴー食べ食べ、本の話です。
ここ2、3週間で読んだ本、ちょっとご披露します。

岸田吟香を調べていた関係で「上海東亜同文書院・風雲録」を、
「南方熊楠日記1」は前々から読みたかったので…。

意識的に読んだのが、白井聡氏の「永続敗戦論」(太田出版。2013)
この中でびっくりしたのが、憲法改正推進本部での安倍首相の発言。
「九条がなければ、北朝鮮による拉致は防げた」、つまり、
「憲法九条があったせいで拉致事件は起きた」と言ったそうで…。
これに対して著者は言います。
「安倍首相の発言の非論理性、無根拠性は悲惨の一語に尽きる」

もう一つ、意識して読んだ本がこれ。
豊下楢彦氏の「安保条約の成立」(岩波書店。1996)

「現在の米軍基地と沖縄の現状を生みだしたのは昭和天皇で、
それが新憲法、つまり象徴天皇になってからの政治介入だった」
「アメリカは日本の安全と独立を保障するいかなる条約上の義務も負っていない

これにはたまげた。
アメリカさん、日本の土地は好きな時に好きなだけ使うけれど、
そうだからって日本なんか守らないよって、こんなにはっきり言ってんだもの。

なんだかやんなっちゃって、気分を変えてこんな本を読んでみました。
「江戸の捨て子たち」
CIMG2249.jpg
 =沢山美果子 吉川弘文館 2008

この本で私は、将軍綱吉の「生類憐みの令」には犬ばかりでなく、
病人や捨て子の救済まで含まれていたことを初めて知りました。

もう一冊は「越後毒消し売りの女たち」(桑野淳一 彩流社 2008)
なんでもその昔、能登半島から新潟県の角海浜などに渡ってきた人たちがいて、
女はみんな美人だったそうな。田んぼもない漁業もしないこの村なのに、
どこの家も蔵を持つ豪邸。なんとなれば、
その美女たちが毒消しの薬を全国に売り歩いて稼いだから、というルポです。

最近、酒鬼薔薇聖斗を名乗って陰惨な事件を起こした元少年が、
手記を書いたことが話題になりました。
被害者の立場ならこんな手記の出版、再び被害に遭ったみたいでたまりません。
ですが、この事件、冤罪だということも言われていて、ちょっと気になって…。

「神戸事件を読む」(熊谷英彦 鹿砦社 2001)
自白調書など丹念に検証しています。読めば読むほど確かに矛盾だらけだ。
ひょっとしてやっぱり冤罪?

「神戸 酒鬼薔薇事件にこだわる理由 A少年は犯人か」
CIMG2248.jpg
 =後藤昌次郎 現代人文社 2005

松川事件、八海事件などの歴史的冤罪事件を手がけた人権派弁護士の著作。

少年が書いたとされる「懲役一三年」という文章があります。
14歳の、しかも国語の成績が2という少年が書いたとは思えない難しい内容で、
末尾にダンテの「神曲」からの引用があるという。
少年はこれを本屋で立ち読みしただけで、すべて暗記したとされています。
こういう特殊な才能の人を「直観像素質者」というんだそうです。

で、ここで私はハッとしたわけです。
私は子供のころから記憶力抜群で、
兄が「下手なことができない」と、よくこぼしていました。
記者時代にも録音は全くとらずメモもほとんど走り書き程度で全然平気でした。
なぜかといえば、無意識のうちにすべて映像で記憶していたからなんです。
頭の中のフィルムを巻き戻せば
そのときの会話も相手の表情も匂いすら鮮明に蘇りました。

この弁護士の本を読んで、私って「直観像素質者」だったんだって驚いたわけです。
ただし、なぜか文章だけは違います。映像とはなりません。
本は面で読みますから早いです。一度に3冊ぐらい交互に読んだりします。
でも、必要な個所はメモります。正確に覚えられないからです。
だから少年が本屋で立ち読みしただけで、一字一句覚えたなんてあり得ない、
そう思ってしまいました。

「それでも少年を罰しますか」野口善國 共同通信社 1998 

これは少年Aの付添人弁護士の著作。
少年犯罪に詳しい弁護士さんのようですが、
初めから、A少年犯人説をとっているような印象です。
「冤罪である」という本を読んだあとだったからでしょうか。

少年犯罪に関連して、これから読もうとしている本です。
CIMG2251.jpg CIMG2252.jpg

そして今読んでいる本がこれです。「阿片帝国 日本」
CIMG2242.jpg
 =倉橋正直 共栄書房 2008

「戦前の日本は世界一の麻薬生産国であり、恐るべき加害者であった」
「強い痛み止め作用のあるモルヒネは戦場の必需品であった」
「阿片は戦略用に使われ、アジア諸国民ははかりしれない害毒を被った」

img707.jpg
「阿片をもっと食えと無理強いされている中国人」 
=「阿片帝国日本」掲載の「拒毒月刊」32期(1929年8月)の挿絵。

「お百姓さん達の良い田畑は食糧増産に、
私達は荒地で罌粟(けし)の栽培を引受けませう、
こういうスローガンのもと、児童までもが阿片生産に狩り出された」

そして、著者はいう。
「戦後の日本はそういった恥ずべき行為を真摯に反省するどころか、
ひたすら隠蔽し続けてきたのだ」

やっぱりいやだ! 戦争は!

今週、買った雑誌。      こちらは15年も昔に出した私の本
CIMG2255.jpg CIMG2256.jpg

埼玉在住のSさんが、
おもしろいおもしろい」とほめてくださるので、その気になって出してみました。

本の写真、ちょっとピンボケですね。

私を本好きにしたのは、小学3年生ごろから夢中になった読切雑誌
貸本屋へ通いました。総ルビなので難なく読めました。
「好きな女の家へ忍び込むとき小窓から猿を入れて鍵を開けさせた」なあんてお話、
まだ覚えています。思えば嫌味なガキですね。

でもって、今回のブログ、ちと衒学趣味っぽくて、やっぱり嫌味かも…。

次回は気を引き締めて、また、卯之助です。

2年前に「静岡の力石」を出版しました

由比の大門薬師堂の力石のことは、昨日ご紹介しました。
その大門薬師堂の境内での力比べを、絵に描いた方がいます。
今は亡き松永宝蔵さんです。

江戸時代、
薩埵(さった)峠の上り口で茶店を開いていた「藤屋・望嶽亭」のご主人です。
この茶店のことは、「東海道名所図会」や太田蜀山人の「改元紀行」に出てきます。
ここは左手に霊峰富士、右手に三保の松原を望む景勝地で、
「道中無双の景色也」と絶賛されたところです。

2年前、私は師匠の四日市大学教授・高島慎助先生と「静岡の力石」という
本を出版しました。その表紙に松永さんが描いた「大門薬師堂での力比べ」を使わ
せていただきました。それがこれです。
静岡の力石

すでに人々の記憶から消えてしまった「力石」の調査。
大変でした。
「なんか頭のおかしな人がきたぞ」なんて笑われたこともありました。
学芸員さんたちには「あんなマイナーなもの、よくやってるねえ」なんて言われて。


長い間、全国の若者たちに愛された力石。今は忘れられ、お堂や路傍に
放置されて…。

朝寒や声なき力石(いし)の声を聞く




プロフィール

雨宮清子(ちから姫)

Author:雨宮清子(ちから姫)
昔の若者たちのスポーツ「石上げ」に使われた「力石(ちからいし)」の歴史・民俗を調査研究しています。力石のことを少しでも知っていただけたら嬉しいです。

フリーエリア
お願い
このブログに掲載されている 写真・記事等には著作権があります。 無断使用はご遠慮ください。
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数
ランキングに参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR