FC2ブログ

たかが力石、されど

たかが力石ごときに、そう熱くなりなさんな!

私は自分を戒めつつ自嘲する。

でも、展示の力石に誇らしく掲げられた「初公開」の文字が、
なんだか胸に突き刺さる。

だって、いかにも取ってつけたようではないですか。
「石を軽々持った」なんて、気軽に言わないで欲しいよな。

経験者の声を聞くといい。

「下手に力を入れると、腹が裂けてしまう」

「18貫のこの石を担げなければ、一人前の男として認められず、
賃金も半人前しかもらえなかった」

「あれを担げんと甲種合格になれんぞ。兵隊に行けんぞ」

「おなごにモテたい一心で担いだ」

みんな暮らしも命も賭けた真剣勝負だったんですから。

調査に行った山の中の一軒家で、経験者の昔話を聞いた。

老人は庭先に転がっていた青年時代の力石を抱えて、
実演してみせるという。

「まず、しっかり腰を落として、石に手をこう回して、
腹に気を集中させて,息を止めて、一気に膝に挙げて」

でも、石はビクともしない。

「はぁー、ダメだぁ」

尻もちをついて、老人はふわふわ笑った。

写真は、
澁澤倉庫株式会社の荷揚げ作業員だった根本正平さん(左端)です。

「澁澤倉庫社史」には力持ちの記事が載り、根本さんの寄稿文もある。
根本さんは、東京都無形文化財の「深川力持睦会」のメンバーでもあった。

「米俵を二つも三つも一気に担いで、一日終わりゃ、
あぶら汗でシャツは真っ黄色。一貫目痩せる」(根本正平)

DSC_6183.jpg

展示は、
「青年時代、行商先の村の若者たちと力石で力くらべをやった」
「藍玉のお得意さんの紺屋に今もある当時の力石はこれです」

それだけでいいじゃないの。
みんな純粋な若者たちで、英雄なんかじゃなかったんだから。

大正6年、晩年の渋沢は信州へ演説旅行に出かけた。
上田の旅宿にいるとき、一人の老婆が訪ねて来て面会を求めた。

老婆は取次ぎの秘書に古い通帳を見せて、
「これをご覧願えれば、きっと会ってくれます」という。

通帳は藍玉の通帳で、中に青年時代の栄一の筆跡があった。
老婆は、神畑の紺屋の娘だった。

彼女は偉くなった栄一が上田に来たと聞いて、
懐かしさのあまり、藍玉通帳を証拠物件として訪ねてきたという。

渋沢は帰京後、老婆に書状を出した。
今回、埼玉の博物館で持ち帰ったのは、この書状などではないだろうか。

渋沢は通帳を見て、
「懐旧の情を催し、感慨無量であった」と、「竜門雑誌」に記している。

翌年、老婆は東京の渋沢邸に招待され、歓待を受けた。
田舎のばあさんが迷うといけないからと、自ら駅まで出迎えたという。

老婆は渋沢と夕食を共にし、お土産をもらい、
一期の思い出というほどの喜びに輝きながら帰って行ったという。

綱町邸落成式。社章の「立鼓」の法被を着た職人さん.明治41年。
img010_20190712173001dbf.jpg

だから私には、こういう細やかな心遣いの渋沢が、
お得意先でこれ見よがしに、藍のたたき石を軽々担いで見せた、

などとはとうてい思えないのです。

昭和13年の「上田郷友会」月報に、
柴崎新一もこの「老婆が渋沢を訪ねた話」を書いているが、
敲き石を担いだ話は一切出てこない。

渋沢の息子さんの談話に、こんなのがある。

「父はいつもおっとりしていた。ふしぎに行儀のいい人であった。
人を威圧しないようなエマナチオン(揮発性物質)が、
絶えず全身から発散されているように思われた」

力石に関わるものとして、力石を展示してくださるのは本当に嬉しい。

ですが、「本邦初公開」の「栄一の力石」は、
2年前までは、土中に三分の一ほど埋もれて、庭の隅に放置されていた。

それが渋沢の名を聞いた途端、
165年ぶりに掘り起こされて磨かれてお宝にされた。

私は思う。

渋沢が望んでいたのは、
そういう「あざとさ」でも、「英雄伝説」でもなかったはず。

紺屋の老婆に見せた温かいまなざしこそ、「初公開」して欲しかった。

紺屋の老婆すゑも、きっとそう思っているに違いありません。


「渋沢栄一と力石」」は、これにておしまい。

     ーーーーー◇ーーーーー

渋沢栄一の「藍」にちなんで、こんなものをお見せします。

タンスの奥にあった男性用着物を息子にあげようと、仕立て直しに出した。
呉服屋のご主人が驚いて、
「これは貴重なものです。今はもう手に入りません。百年以上前の逸品です」

糸を藍で染め、一本一本根気よく織った絹の紬だか絣だかっておっしゃってた。
藍の本を読んだら、染色後も藍は生き続けると書いてあった。

久留米絣

息子の家でもタンスの肥やしの運命だろうけれど、
心の財産のつもりで大切にしてくれれば、と思っています。

     ーーーーー◇ーーーーー

高島先生が、
コミュニテイ・チャンネルの「まほろば~歴史の扉~」に出演しました。

「力自慢の力石」

とても楽しくわかりやすく編集されています。是非、ご覧ください。

それにしても先生、髪黒々。まだまだ若い!


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



若者連と力石

久々に明るいニュースをいただきました。

へいへいさんがブログでご紹介してくださった
「4月11日にイッテQに力石登場」です。

以前、「獅子舞王国・南砺物語⑥」で、動画でご紹介した
富山県入善町の「磐もち大会」を、日テレで放送してくださったそうです。

へいへいさんのブログの最後あたりにある
「4月11日の「イッテQ」をクリック。「最新話無料」で見られます。

是非、ご覧ください。

ーーーーー

「ちい公のドキュメントな日々」のちい公さんが、記事を載せてくださいました。

「力石 盤持ち大会」

へいへいさんの記事を見て、嬉しさのあまりお知らせしたら、早速。
お電話も頂戴して、このところ落ち込んでいて体調不良でしたが、
元気を取り戻しました(^-^)/

    
ーーーーー本文はここからですーーーーー

埼玉の博物館に展示中の石の説明はこうなっています。

「個人蔵」と匿名になっていて、

「若き栄一が藍の行商先である信州の紺屋を訪れた際、
染料にするための藍を敲く石を軽々持ち上げたという逸話が
同家に伝わり、以来「渋沢栄一の力石」と呼ばれている。

重量103㎏  初公開」

へいへいさんのブログ「栄一の力石」に、
同博物館のTwitterが出ていますので、ご覧ください。

説明では、あくまでも石の所有者の話であるとし、
資料的裏付けは示されてはおりません。

言い伝えもまた、貴重な歴史の証言ではありますが、
でもこれだけは、はっきりしておきたいのです。

2年前、私が上田市に伝えた文書についてです。

それは、「伝記資料」の中に出てくる「上田郷友会」の月報(昭和13年)で、
著者は当時、上田市の助役だった柴崎新一氏です。

「神畑の伝うるところによれば、旧幕時代には、
村々に若者連の集まる場所に、力試しをする力石と称するものがあって、
今日、なお処々に残されておるものがある。

翁、青年の際、お得意まわりに来られ、村の若者連に参加し、
この力石を試みたが、群を抜き、若者連一人として、
翁に及ぶ者がなかったという」

ーーーーー

ここに出てきた「若者連」について。

下の写真は厳しい掟で知られた伊豆の「若者組」です。(1954年)

写真は、祭りの会場へ人形三番叟を演じるため出かけるところです。
ちょうちん持ちの後ろは組の頭役、その後ろを中老、小若い衆が続く。

組への入会試験は、揺れる船の鞆先で力石を担がせて決めたそうです。

img389.jpg
「日本民俗写真大系・東海道と黒潮の道」「漁村の暮らし・芳賀日出男」
日本図書センター 1999

かつての若者たちの組織、「若者連」「若い衆組」「若者組」は、
山や漁獲などの財産を持った自治組織で、祭り、消防、病人の搬送、
災害救助など、村にはなくてはならない存在でした。

新参の若者は16歳ごろになると親元を離れて、若者宿で先輩から
社会常識や行儀作法、仕事などをみっちり仕込まれました。

それだけに掟も厳しかった。

よそものの不法行為には一致団結して抵抗し排除しました。

力石の力くらべにも、組の威信をかけて真剣勝負したはずで、
時には刃傷沙汰になったり、力石を巡っての争奪もあって、
当地には奉行が出した禁止令が残っています。

力石を語るときは、そのあたりの時代背景も考慮する必要があります。

ーーーーー

で、この月報に出てくるのは、
「神畑村の若者たちが集まる場所で、渋沢青年がみんなと石担ぎに興じた」
という話だけなんです。

そして当時、若者たちが集まった場所は、主に神社や若者の集会所で、
そこに石は置かれていました。

個人宅に残されているのは、たいてい個人の練習用の石です。

下は、青年時代、練習用に使っていた力石とご本人です。(ご自宅にて)
力くらべに使った力石は、現在も昔の青年集会所の庭にあります。

CIMG0536 (3)
静岡県

博物館の説明に出てくる「藍の敲き石」のような、
日常使う貴重な道具類はどうだったのでしょうか。

石は担ぎ上げた後、地面に勢いよく投げ落としますから、
割れてしまったら大変です。

紺屋さんを廃業したあとに力石に転用されたのなら理解できますが、
使用中の道具は使わなかったのでは、と個人的には思うのです。

また力石は村の若者たちの共有財産で、神聖なものとされていましたから、
ヨソモノがうっかり触れたり腰かけでもしたら、制裁されました。

ましてまだ10代の、若者組でいえば新参者の若造が、
巨石を軽々持ったという英雄伝説に出てくる弁慶や福島正則を真似て、
お得意様の大事な商売道具を力石代わりに担いで見せた、

なんて、当時の状況からしたら制裁に値する所業で、
また、若輩とはいえ、
礼節を重んじた渋沢がそんな無礼を働いたとは信じがたいのです。

ですが、これらはあくまでも私の推測であって、
展示品を否定するものではありません。

力石がどれだけ特別扱いされていたかの例を示します。

ーーーーー

こちらは愛知県西尾市一色町・若一神社の力石です。

img20210409_17181499 (2)

同町出身の高須新助は江戸で力試しで名をあげ、
それが各大名家の耳に入った。ついに上様の御前で力石を挙げ、
御用達しの力士になります。

そのとき褒美にいただいた石が、この5個の力石です。
それを故郷のこの神社に奉納。寛政六年(1794)のことでした。

こちらは、力石につけた書状です。
ともに西尾市の指定文化財になっています。

img20210409_16465373 (2)
「愛知の力石」高島愼助 岩田書院 2014

ーーーーー

話を戻します。

もう一つ重要なのは、「上田郷友会」の月報が書かれた時期です。

書かれたのは、渋沢青年が神畑を訪れてから82年後の昭和13年で、
すでに、人々の記憶も定かではなくなっていたということ。

静岡県では、地域によっては昭和50年代まで力くらべが行われていて、
平成25年に調査に入った某地区では、石も経験者も存在していました。

ですが上田市神畑では、昭和13年のこの時点で、
力石はすでに過去のものになっていたし、
それを裏付けるように、今日に至るまで上田市での力石の確認はゼロ。

それが、2年前、私が上田市に問い合わせたことで、
突然、「渋沢栄一の力石」が現れた。

だったらこんな名誉な事をなぜ、

昭和13年の「上田郷友会」月報に書いてないのか。
2010年発行の「神畑村誌」に取りあげなかったのか。
2004年、2010年、2014年の高島先生の調査時に出さなかったのか。
そして、
2019年の私の調査をなぜ拒んだのか。

力石の出現は喜ぶべきことなのに、
その「なぜ」が引っかかって、私は素直に喜べないのです。


     ーーーーー◇ーーーーー

高島先生ブログ(4月11日)

「茨城県常総市守谷町・香取神社」


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

 

石の検証

「まだやるんですか? 渋沢石を」と、呆れられそうですが、

やるんです。

せっかくきれいな終わり方をしたのにねぇ。何事も引き際が肝心、
とは重々わかっているのですが、

なんか腑に落ちなくて気持ちが悪いのですよ。
白黒つけなきゃスッキリしないという、損な性格が出てしまいました。

肝心の石の検証、これをやっていきます。

石を語るからには、
やっぱり、2年前に所有者宅の石を見ておきたかった。

展示物としておめかしした石ではなく、放置されたままの石を。

そのときの石です。
上田市神畑・山崎製作所

埼玉県立歴史と民俗の博物館で石を見た斎藤氏は、
「写真の石とは違うような気がします」といってきましたが、

この写真を撮影した「神畑村誌」編さん者の方は、
「同じ石です」と明言。

ただ、この石がどういう経緯で埼玉の博物館に持ち込まれたかについては、
この撮影者も市のX氏もご存じないという。

となると、X氏が言うように、
「所有者と博物館との直接交渉で持ち込まれた」ということになる。

しかし、私はこんな疑問を持ちました。

地方にお住まいの一般の方が、数ある博物館からここを選んだり、
そこでこの企画展をやるという情報を得ることなど不可能だし、

一方、博物館では確かな資料がない中、この個人宅に、
「渋沢ゆかりの力石」があることを知るなんてあり得ない、

両者の間に、しかるべき仲介者がいなくては成り立たない、と。

img20210409_01475674.jpg

私は地元の市立文化財資料館の運営委員をしていましたが、
この小さな資料館でさえ、
企画展の開催までの準備期間に1~2年はかかりました。

今回の埼玉の展示は、「NHK大河ドラマ特別展」とあり、
天下のNHKと連動しているような感じだし、

展示物も広範囲に、また217点と膨大なことから、
かなりの準備期間を要したはず。

また、第三者から展示物を借用する場合には、
市長名で「展示品等借用申請書」を相手方に出さなければならない。

ものによっては借用に金銭が伴うだろうし、保険もかけなければならない。

運送費の捻出には市の税金が使われるので、その決済も必要だから、
借用交渉には時間もお金もかかる。

上田市の地元の方数人からの情報では、

「埼玉の博物館の人が運送屋を連れて来て運んだと聞いている。
そのとき、ついでだからと重さを測ったら、103㎏あった。
所有者宅にあった古文書類も借りて行ったそうです」と。

仮に準備期間に2年かかったとしたら、
私がX氏と調査の交渉をしていたころということになります。

ムムム


     ーーーーー◇ーーーーー

高島先生ブログ(4月9日)

「茨城県常総市向石下・香取神社」


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村


力石を愛でてやってください

男の、元・大学教授の、力石研究の第一人者でもダメ。

どういうことなの? 

頭の中が真っ白になった。
それでも私は腹をくくり、「8月下旬に行く」と決めて先生に伝えた。

ところが今度は、こういう返事が返ってきた。

「9月から市議会が始まってそちらが忙しくなる。9月下旬なら」

知り合いの役人に聞いたら、笑いながらこう言った。
「文化財課の職員が市議会で忙しいなんて聞いたことがないよ」

いよいよ、なんだかわけがわからなくなって、
足元は、「どこまで続く泥濘(ぬかるみ)ぞ」状態になった。

CIMG5502.jpg

これほど理不尽な要求をこれでもかと突き付けてくるには、
何か魂胆があるとしか思えなかった。

多分9月末になれば、また別の拒否の理由を言ってくるはず。
すでに疑心暗鬼になっていた私は、そう思わずにはいられなかった。

そんなぬかるみにはまり込んで、泥水を飲まされるのはもうたくさんだ。

私の精神状態はもう限界だった。

ここはもう、力石調査の原点に戻るべきだと思った。

渋沢栄一が村の若者たちと石担ぎをしたという神畑地区へ直接うかがって、
いつものように調査すればいいだけのことではないか。

そう決めた私は、師匠の高島先生にこう伝えた。

「先生、もう止めましょう。これ以上、翻弄されるのは無駄ですから」

「そうか。そうだな。頃合いを見てでかければいいか。
で、先方にはどういうふうに言おうか」

「先生にお任せします」
「そうか。じゃあ、二人とも都合がつかないとでも言おうか」

というわけで、そういう無難なお断りをした。
それっきり、X氏とのやり取りは途絶えた。

しかし、

2年前、原点に戻って独自調査をすればいいと思ったものの、
千葉県野田市での力石式典に招待されて出かけたりしているうちに、
世の中はコロナ一色になり、調査の機会は失われてしまった。

この力石は2016年11月に埼玉の研究者・斎藤氏が新発見した力石です。

戸田市氷川神社・新発見
埼玉県戸田市上戸田3-20-11・氷川神社。60×57×13余㎝

この日、斎藤氏は卯之助石ほか15個もある氷川神社へ再調査へ。
おりしも七五三で、境内は着飾った幸せな親子でいっぱい。

そんな光景に背を向けて石と対面。いくつかの誤読を見つけてメモしていると、
不審に思った男性から声を掛けられた。

丁寧に力石の説明をしていると、町内会長と宮司さんがやってきた。
幸い、力石に熟知している宮司さんだったので話が弾んだ。

そんな中での新たな発見です。宮司さんもびっくりの出来事だったとか。

「上戸田村力石」

刻字もありました。

戸田市氷川神社

X氏にぜひ知って欲しいのです。

私たちはこんな石っころを、こんなふうに調査しているのです。

お金にもならない。業績としても認められない。すべて手弁当。

でも、面白いのです。石には歴史がぎっしり詰まっているのです。

昔の若者たちの汗や涙、喜び、悲しみが染み込んでいます。

私はそうした石の声を聞きたくて、この調査をしてきました。
無刻字の石であろうと、有名人ゆかりの石であろうと、分け隔てなく。

でも、ご理解いただけなかった。

そして今年3月、あの「誰にも知られずにそっとしておきたい」力石が、
なぜか、埼玉県の博物館に展示されているのを知り仰天。

あのとき力石の調査を拒否した理由と、
その力石を県外へ貸し出したのは誰かを知りたくて、
私は即座に、市の秘書課宛てに質問メールを出した。

X氏の回答はこうだった。

「どのような経緯で県外に展示されることになったのかは、全く知らない。
指定文化財ではないので、所有者との交渉で展示することになったのでしょう」

「なぜあのように調査を拒んだのか」については、

「9月24日以降に、というこちらの提案に、
高島先生から、二人とも都合がつかないとのご連絡をいただきました」

内心、こうおっしゃりたかったのか。

「こちらが拒んだのではなく、
お宅様たちが自分たちの都合でやめたではないか」と。

もしそう思われたのなら、打ち明けます。

先生と私は大人の対応をしたのです。

たとえ相手の言動に不審な点があっても、コトを荒立ててはいけない。
たとえ内心、「××野郎」と思ったとしても、

人を傷つけることのないよう、人倫の道に外れることのないよう、
おのれ自身を戒めて、そうして穏便に対処したのです。

     ーーーーー◇ーーーーー

上田市神畑の元・紺屋さんの庭にあった力石は、
現在、埼玉県立歴史と民俗の博物館に展示されています。

img20210406_12274633 (2)
NHKドラマ特別展「青天を衝け~渋沢栄一のまなざし~」展示資料より

ドラマの中にあった石担ぎシーンも、この力石からの発想ではないでしょうか。

力石はきれいに磨かれて、
展示資料217点の中の一つとして、ガラスケースにはいっているそうです。

もし、ご覧になる機会がありましたら、
この石を巡って、「力石バカ」の老姫のブログで、
場外乱闘もどきの何やら変なドラマがあったなぁと笑いつつ、

力石を愛でてやってください。

     
     ーーーーー◇ーーーーー

高島先生ブログ(4月7日)

「埼玉県さいたま市岩槻区横根・北辰神社」


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村


こんなうるさい役所は初めてだ

「拒否」するかと思えば、「協力する」という。
なんなんだよ、これ。

ふと、「パワハラ」という言葉が脳裏をかすめた。

学生時代、女性の教授に叱られたことがある。
私がなにげなく、「女」という言葉を使ったときのことだ。

穏やかな美しい先生の顔が瞬時に険しくなって、こう詰問された。

「なんであなたは自分の性を自分自身で卑下するのですか!」

ポカンとした私に、先生はまっすぐ目を向けてこう言った。

「女性と言いなさい! 女性と」

このときの先生の真意は社会に出てからわかった。

私は出版社で編集者として働き出したが、
そこには想像もつかなかった男尊女卑がまかり通っていて、
女性は性の対象にしか見られていなかった。

あの時代、大学という男の権威者ばかりが巣くう狭い機関の中で、
あの先生は教授になった。

どんなに屈辱を受け、どんなに困難な道だったか容易に想像でき、
同時に、「自分を卑下するな」と言った気持ちが痛いほど理解できた。

埼玉県・権現堂堤の桜と菜の花
権現堂の桜

昔話が長くなりました。

たかが石ころ一つに、難題を吹っ掛けてくる状況。
その原因を、
私が「女」だからだろうと思い、師匠の高島先生へゲタを預けることにした。

これでひと安心と思ったのだが、先生から意外な電話を頂戴した。

「ぼくのところへも姫と同じことを言ってきたよ」

「えっ! 同じことって、あの、経歴書を出せとか?」

「そう」

「それはおかしいですよ。
だってX氏は先生の「長野の力石」を読んでいるんですよ。
当然、先生の経歴はとっくにご存知のはずではないですか」

「30数年、全国の役所の方々と接してきたけど、
こんなにうるさい役所は初めてだよ。どうする? 姫」

失礼極まりない対応だと腹を立てたけれど、私は決めた。

「先生、8月下旬ごろ伺いますと返事をしてください」


      ーーーーー◇ーーーーー

高島先生ブログ(4月5日)

「京都府与謝郡伊根町本庄・浦嶋神社」


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

プロフィール

雨宮清子(ちから姫)

Author:雨宮清子(ちから姫)
昔の若者たちのスポーツ「石上げ」に使われた「力石(ちからいし)」の歴史・民俗を調査研究しています。力石のことを少しでも知っていただけたら嬉しいです。

フリーエリア
お願い
このブログに掲載されている 写真・記事等には著作権があります。 無断使用はご遠慮ください。
カレンダー
04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数
ランキングに参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR