FC2ブログ

ビビッとX波が…

=斎藤氏から新たな情報=

今回新発見の力石に名を刻んだ「紙屋 忠治郎」についてです。
末尾に載せましたので、あわせてお読みください。

      -----◇ーーーーー


「臨時ニュースです!」

なぁんて、少々大げさですが…。

ここで「万治石」を一度お休みして、
力石の新発見というほやほやのニュースをお伝えします。

「万治石」発見の功労者・斎藤氏は、今までに数多くの力石を発見。

発見した数をお聞きしたあとすぐ発見するので、
私は正確な数を覚えきれません。

確か900個ぐらいになるかと思います。

そして10月28日、またまた新発見!

「ポタリングに出かけたら、ビビッとX波が…」

力石から発信されるX波なる電波をたどって行ったら、

ありました!

これです。
IMG_9075.jpg
埼玉県杉戸町下高野396・永福寺

永福寺のご住職が言うには、

「2か月ほど前、隣家を解体したらこれが床下から出てきた」

な、なんと!

「それで、刻字のある立派な力石だったので寺で引き受けて、
地蔵堂の真裏に立札を立てて保存処置した」とのこと。

切り付けも深くしっかりしていて、状態は良好です。

  「文政八酉年 幸手久㐂町  紙屋  忠治郎
       六拾貫目
                    江戸□ 庄兵衛」


今から194年も前の力石です。

「万治石」の約200年後の力石なので文字も鮮明ですが、
それだけではなく、
こちらは床下、万治石は野ざらしで人々に踏まれてきた、
その違いが出ていますね。(でも、こうした石の来し方も歴史です)。

なにはともあれ、幸せな力石
忠治郎さんに庄兵衛さん、いい方に拾われてよかったね!
 
IMG_9082.jpg
70×48×26余㎝

斎藤氏の話はここで終わらなかった。

ご住職の話と斎藤氏の調べた話を合わせると意外なことが明らかになった。

「解体した隣家は大橋家といい、それ以前は東大寺という修験の寺だった。
その大橋家のご先祖も東大寺の関係者だったという。

文治二年、あの西行が東大寺の大仏再建の勧進に
奥州・藤原氏を訪ねる旅の途中で、ここを通った。

しかし旅の疲れか西行さん、この地で病に倒れ、しばらく小庵で療養。
やがて村人たちの手厚い看護のおかげで全快。

そして旅立ちの時、

西行が村人たちとの別れを惜しむように、
小庵の庭先の松の木を見て振り返ったことから、
この松は「西行見返りの松」と呼ばれるようになった。

その後西行が療養していた小庵は奈良の東大寺にちなみ、
東大寺と名付けられた」ー。

こちらは「西行見返りの松」の標石です。
達筆です。

IMG_9088.jpg

「東大寺は今はなく、大橋宅もなく、松の木もなくなって、
草の生い茂る更地が広がるばかり。

そしてこの標石は少し離れた墓地の片隅に横たわり、
はるか昔を懐かしむように空をあおいでいました。

「六拾貫目」石はそのすべてを見渡せる場所に今、います」と斎藤氏。

その斎藤氏、感慨深げに…、

「偶然とはいえ、
雨宮さんが取り上げた「文治二年」から西行絡みで、
この力石につながるとは…」

ふふふ。
何を隠そう、実は西行さんに託してあの力石に、
X波を送っていたのはこの私メでございます。

     
          ーーーーー◇ーーーーー

       
         =「紙屋 忠治郎」=


大橋家の床下から出てきた「六拾貫目」石には二人の名前がありました。
その中の「忠治郎」には意外な事実が…。

江戸に「飯田町 万屋金蔵」という超有名な力持ちがいました。
有名ですから渡辺崋山にも描かれました。

20150319061301022_201911012230349e4.jpg

東京都江東区の亀戸天神社には、
狂歌師の大田蜀山人が揮毫した力石もあります。

2014年のブログに書きましたので、お読みいただけたら幸いです。

渡辺崋山が描いた「飯田町万屋金蔵」

大田蜀山人が書いた「臥龍石」

この金蔵さん、埼玉県にも力石を2個残していますが、
その中の一つに、「忠治郎」も名を刻んでいたのです。

万屋金蔵と共演していたことを知り、
改めて彼の膂力の凄さがわかりました。

でも彼の力石はこれを含めて2個しかない。
田舎の紙屋の使用人だからか?」と斎藤氏。

こちらがその力石です。右が忠治郎と金蔵共演の力石です。
左の石には願主として「久喜町 吉右エ門」とあります。
紙屋の主人なのでしょうか?

IMG_9162.jpg
80×58×26㎝(左) 73×50×21センチ(右)。共に文政五年正月。
埼玉県幸手市中・雷電神社

ひょっとして、
この「紙屋」さんのことや忠治郎のご子孫がわかるかも。


※情報・画像提供/斎藤

  =悲しすぎる=

沖縄の首里城炎上、悲しすぎます。なぜ?なぜ?と思うばかりです。
本当に無念。5,6年前に行きました。
炎上する画面、見ていられませんでした。
原因はなんであれ、文化遺産が消えてしまうのは本当に悔しい。
スポンサーサイト



笑顔が並んでる

埼玉の研究者・斎藤氏の「路上観察物件」をご紹介します。
斎藤氏は力石だけでなく、路上観察歴も長く豊富です。

埼玉県草加市の某所だそうです。
1斎藤路上観察

思わず笑ってしまいました。
不謹慎な!とお叱りにならないでくださいね。

石塀ごしに隣りの墓地を覗く植木の坊やたち。
なんて楽しい光景なんでしょう。

2斎藤路上観察

植木屋さんのセンスかしら。
それとも、茶目っ気たっぷりのこの家のご主人のアイデア?

癒されます。

路上観察④斎藤

地上の人も地下の人も。

力石クン、晴れやかにデビュー

埼玉の研究者・斎藤氏から新情報をいただきました。

御影石の台石に保存処理された力石です。
場所は千葉県松戸市の高龗(たかお)神社
  ※龗は雨冠に龍

この力石、もとは高龗神社の東西にある
東の六実稲荷神社と西の五香稲荷神社に放置されていたものとか。
宮司さんの話では、
「この石の大切さに気付いた氏子さんからの依頼で、
二つの稲荷神社のちょうど真ん中に位置する当神社に保存した」とのこと。

IMG_2571.jpg
千葉県松戸市六高台1-15  高龗神社

神社が建つ地区は、
明治維新で職を失った人たちが開墾したところだそうです。
ご神体は出雲大社から勧請した雨乞いの神・龍神さま。

入植された方たち、さぞご苦労されたことと思います。
でも仕事が終わった晩などにみんなで神社に集まって
ワイワイ言いながら石担ぎを楽しんだはず。

もしかしたら、東西の稲荷神社の氏子さんたちが力くらべ合戦をしたのかも。

ともあれ、真新しい本殿と社務所の前という、またとない好環境に、
晴れやかにデビューした力石クン、
「こんなにしていただいて恐縮です」と言いたげですね。

台石にはちゃんと「力石」と刻まれていますから、もう大丈夫。

IMG_2569.jpg
①「三十メ」57×42×33 ②52×43×38

この力石クン、いつしかパワースポットとして知られるようになり、
今では参拝者さんたちから触られたり、
一緒に写真に撮られたりしているそうです。

で、実はこの石には不思議なことがあるのです。
一枚目と2枚目の写真を見くらべてみてください。

なんか変だと思いませんか?

石を乗せた台石が片方は四角形、もう片方は多角形に見えませんか?
こんな感じ(下の写真)。

撮影者の斎藤氏にお聞きしたら、
「実は両方とも五角形ですが、見る角度によって変わるんです」

これぞまさしく、ミラクル! 神がかり! パワー全開!
絵本作家・安野光雅さんのふしぎえの世界です。

制作者の石屋さんの芸術的センスに拍手。

IMG_2570.jpg IMG_2576.jpg

で、実は同じようなものが当地にもあるんです。

こちらの宮司さんも、
「以前はただ境内に転がしてあったのですが、
こんなふうに粗末にしているのはどうかと思いまして、
社殿前にきちんと設置いたしました」とおっしゃっておりました。

CIMG0070_201809031910403d8.jpg
静岡県沼津市市場町3-11 八幡神社

ただこちらのは説明板もなく石に刻字もないため、
参拝者は「ハテ、こりゃなんじゃ?」となっています。

「これは力石です。
さわって石からパワーをもらってください」

なんて書いてくださったら、
力石クン、すっごく張り切っちゃうと思うんですけどね。


       ーーーーー◇ーーーーー

※先日急逝した当地出身の漫画家・さくらももこさんの献花台が
市役所に設けられていました。
ご冥福をお祈りいたします。

花咲徳栄高校、おめでとう!

埼玉の研究者、斎藤氏からこんなメールが届きました。

花咲徳栄(はなさきとくはる)高校
            埼玉県勢で初めて夏の甲子園で優勝!

「マスコミやTVアナウンサーや解説者は、
広陵の勝利となるシナリオを描いていたのがほとんど。
冗談じゃない。
結果はそいつらの鼻をあかすに充分な勝ち方・得点で溜飲を下げた次第」

テレビの前で缶酎ハイを飲みながら、拍手したり絶叫したりしていたそうです。
で、そこはさすが研究者、どんな状況でも力石を忘れません。

花咲徳栄高校近くの力石の写真を送ってくれました。

埼玉花咲鷺ノ宮神社
埼玉県加須市花崎2丁目・鷲宮(わしのみや)神社

斎藤さん、今度は球児たちと力石の写真、頼みますよォ~!

一体、どこから?

埼玉在住の研究者、斎藤氏が見つけた力石。

「東男の大石持 國技を偲ぶ 江戸趣味力遊び 
 昭和二十□年 秀太郎書」

すごい新発見だと興奮していましたが、
ふと、この石はどこから来たんだろう、
喬太郎とは誰なんだろうかと思い始めました。

そこで墨田区役所へ問い合わせました。
役所では他県の見ず知らずの私にもきちんとお返事をくださった。
それが嬉しい。
ですが、その内容にはがっかり。

「その力石については文化財関係者でも道路公園課でも把握しておらず、
調査を行っていないのでわからない

斎藤氏はこの力石を発見したその足で、
「すみだ郷土文化資料館」を訪れたそうですが、資料館職員も全くわからず、
墨田区の石造物資料や地誌などを調べても何も出てこなかったそうです。

1斎藤桜もち (2)
東京都墨田区向島                           撮影/斎藤氏

これ、「石庭の隅田川」というのがどうやら正式名称のようです。

隅田川の石でその隅田川の流れを表現した庭だそうで、
この川沿いに4ヵ所あるとのことです。

斎藤氏から追加で送っていただいた写真「石庭」の一部。
自転車(赤い矢印)の左前方に、「東男」の力石が置いてあるそうです。

1斎藤石庭

車道に向けて撮るとこんな感じだそうです。
みなさん、探してみてくださいね!

2斎藤石庭

でも、不思議ですよね。

これだけきれいな、これだけはっきり刻字のある石なのに、
元はどこにあったのか、「喬太郎」はどこの誰なのか、
書家なのか、それともこの石を持った力持ちなのか、まるでわからない。

近年、誰かがどこからか持ってきたはずなんですけどね。

斎藤氏のさらなる調査に期待したい。

たまにこの「石庭」のことがネットに出ていても、
石に文字が刻んであることに気づいた人は、斎藤氏以外誰もいません。

img295 (3)

だから、墨田区役所さんには、
力石を持ち上げる男たちの心意気をお持ちいただき、
人に踏まれて文字が磨滅しない配慮と、
これが「力石」であることをアピールするなはからいを、

切に願っています。


   =追伸=
 
 四日市大学の高島愼助教授からメールをいただきました。
 
 「秀太郎については、書とあるので字を書いた人でしょう。
 かつて「東京の力石」を出版した際、「平塚弁?」「玉山厚」を調べました。
 その際、某氏から教示されました。過去には有名な書家でなくても、
 上手な字を書く人はたくさんいたということでした」
  
プロフィール

雨宮清子(ちから姫)

Author:雨宮清子(ちから姫)
昔の若者たちのスポーツ「石上げ」に使われた「力石(ちからいし)」の歴史・民俗を調査研究しています。力石のことを少しでも知っていただけたら嬉しいです。

フリーエリア
お願い
このブログに掲載されている 写真・記事等には著作権があります。 無断使用はご遠慮ください。
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数
ブログランキング
ブログランキング
ランキングに参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR