fc2ブログ

夏の終わりに

世間ばなし①
08 /29 2022
ーーちょっと息抜き

      ーーーーー◇ーーーーー

日中はまだまだ夏ですが、でも朝晩は涼しくて…。

気が付けばそこここに秋の気配。

ひと夏の命を全うした虫たちは、魂の抜けた「残骸」だけをこの世に残して。

セミです。
今まで散々食べていた鳥たちも、もう見向きもせず。


20220825_145937 (2)

角が一本とれてしまったコクワガタです。
ピンボケですが…


20220827_060823 (3)

カミキリです。
生きていました。
でも帰り道がわからなくて、とまどっていました。


20220825_145716 (2)

チョウです。
色褪せてボロボロになって、道に横たわっていました。
無事、子孫を残せただろうか。


20220827_052510 (2)

早朝の農道にひっそりと咲いていた朝顔です。

20220827_054740.jpg

私の今年の夏の思い出は、息子が釣ってきた鮎を食べたこと。
子供のころ、みんなでよく釣りに行きました。

あのころは愛犬Gもいて…。

釣ってきた鮎を風呂桶に入れて、その見事な泳ぎっぷりを楽しんだり。

そんな懐かしい日々はすでに遠くへ去り、
今年の鮎の思い出も過去の出来事になってしまった。


20220807_084120 (2)

いつの間にか田んぼで稲が色づいていました。
「ぼくたちの出番が来た」と、かかしたちが張り切っています。


20220827_054300 (2)

秋はもう、すぐそこまで来ています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



瑞穂の国は美しい

世間ばなし①
10 /04 2021
田んぼは実りの季節。

これは1カ月前の田んぼです。

かかしのご夫婦、今年もがんばっていました。

黄金色になるまで、もうひと踏ん張りです。

CIMG5646.jpg

こちらは去年撮影した、刈り入れ後の田んぼ。

田んぼの端っこに片付けられた稲架(はさ=稲を干す棒)の上で、
無事お勤めを果たしたかかしの夫婦がへたばっておりました。

「とうちゃん、お疲れさまでした」
「お前もごくろうだったな」

CIMG5572 (2)

去年は大鷲がヒューッと舞って雀の群れを脅していたけど、今年はこの方。

CIMG5651 (3)

小雨の降る日に通りかかったら、紺の雨合羽を着た女性が、
稲穂の上に突き出た雑草を取っていた。

フードで顔は見えなかったが、若い女性のようだった。
珍しいな。

写真を撮りたかったけど、なんだか失礼な気がして通り過ぎた。

数日たって行くと、その田んぼだけきれいに刈られていた。

20210913_171534.jpeg

2,3日して通りかかると、少し離れた田んぼでおじいさんが作業をしていた。
かたわらに女性がいた。

田んぼの際に腰かけて帽子を脱いだら、
長い黒髪がさらっと肩に落ちた。

この前の人だ。やっぱりずいぶん若い。
おじいさんと孫娘だろうか。

田んぼに若い女性なんて初めて見た。なんだか、やたら感動してしまった。

埼玉の斎藤氏からも田んぼの写真が届いた。

稲刈りが済んだあとの田んぼです。
土を起こしている周りで、シラサギがエサを狙っています。

トラクターの赤とシラサギの白が美しい。

杉戸

ポタリングの途中で見つけたこんな人たちも。

「へのへのもへじ」くんと、「へめへめくつじ」さんです。

へのへのもへじ へめへめくつじ

そういえば、このお兄さんがいた田んぼへは、まだ行ってなかった。

もう稲刈りは済んじゃっただろうな。

CIMG5644 (2)

雨にも負けず、夏の暑さにも負けないで頑張っていたお兄さん、
こんなことを背中で言ってました。

「昔、じいちゃんが、

実るほど頭を垂れる稲穂かな

なんて言ってたけど、
最近は青い穂のまま立ち枯れる、困った年寄りが増えちまったな」


            ーーーーー◇ーーーーー

ーーーそばつぶさんのバンモチ


久しぶりにそばつぶさんの勇姿です!




     ーーーーー◇ーーーーー

地震に遭われたみなさま、どうぞ、ご無事で。


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

最高の豚肉に出会った

世間ばなし①
06 /02 2021
豚肉のおいしいものにはなかなかお目にかかれません。

味がどうの、というより私はあの特有の臭いがダメ。

有名産地のなんとかブランドでも地場産品でもダメ。

しょうが、お酒、酢、ネギで処理しても、焼いても煮てもとんかつにしても、
食後、あの特有な臭いを感じてしまう。

イベリコ豚ならまあまあだけど、完璧じゃあない。

で、数日前、スーパーで「沖縄産」の豚肉が出ているのを見て、即、購入。

なんでも試してみないといられない性分なので。

でもこれが大当たり。
お湯だけでしゃぶしゃぶにしても臭みが全然ない。

これまで生きて来たン十年で、無臭でこんなにおいしい豚肉は初めて。

CIMG5611 (2)

もう嬉しくて、翌日、買い足した。

本日はゆで豚にして、酢味噌で食べました。

でも、値段が少々高い。
カナダ豚肉の3倍。カナダ豚はどんどん買われていくのに、
こちらに手を伸ばす人はあまりいない。

これが現実なんですね。

最高のものをつくろうと研究を重ねれば、値段が高くなるのは当たり前です。

私は財布が寂しくても断然、臭くない豚肉です。
財布が空っぽになったら、水を飲んでがまん。

でも、ご当地初お目見えのこの沖縄豚、
こんなご時世ですもんね、もうお目にかかれないかもなぁ。


     ーーーーー◇ーーーーー

高島先生ブログ(6月2日)

「長崎県安中門内大下南・水権現」

伊東先生亡きあとの力石研究者は、全国で二人になった。
一人は高島先生。もう一人は、

長崎女子短大栗山史郎先生でした。

先生は「熊本県天草地方の力石の悉皆調査」をされた方で、
その後、退職とともに力石の世界から身を引かれたそうです。

「力石ちからいし」高島愼助 岩田書院 2011」より


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

私の日常

世間ばなし①
05 /18 2021
「重箱の隅」の途中ですが、ちょっとひと息。

これ、息子のお嫁さんから届いた母の日のプレゼントです。

食べられる本物のお花を載せたサブレ(京都・木津川製)とバラの紅茶。
孤独なおこもり暮らしに花が咲きました。

CIMG5605 (3)

こちらは3月に撮った写真です。

散歩の途中、農家さんの庭で見つけました。
手製の孟宗竹の鉢。

花電車!

門柱から奥へ延びています。素敵な心遣いです。

CIMG5575.jpg

いちごのビニールハウスにつけられた受粉用の蜂の巣箱です。

何も変わらないように見える田舎ですが、
季節季節で、様々な風物を見せてくれます。

そこに人の優しさや知恵があって、そっと物語をつむいでくれています。

CIMG5541.jpg

連休になりました。

どこにも行けないので畑にテントをはり、テーブルを持ち出して、
みんなでお茶を楽しんでいました。

ここにはゆったりとした時間の流れがあります。

本当の贅沢って、こういうことかも。

CIMG5597 (2)

天候が不順で、寒くなったり暑かったり。

そんな中を毎日、散歩に出かけます。

今日は暑い日で、汗びっしょり。
帰路、いつもの農協いちばへ立ち寄ったら、スイカが…。

「熊本産」とあります。

喉も乾いているし、食べたい!

そこで店員さんに「甘いですか?」と、バカな質問をしてしまいました。
店員さん、笑いながら当然こう言いました。

「甘いです」

CIMG5610 (2)

家に帰って早速、いただいたら、甘かった!

翌日は寒い日になって、スイカに手が伸びません。

やっぱりスイカは暑い日がお似合いですね。


     ーーーーー◇ーーーーー

高島先生ブログ(5月18日)

「福井県あわら市布目・龍宮神社」


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村


天使のいちご

世間ばなし①
02 /03 2021
     緊急のお知らせです。

ドールブログのdollblog47さまが、
この力石ブログを素敵な記事にしてくださいました。

この記事の最後に掲載しましたので、ぜひご覧ください。

ドールたちが力くらべをしております。
力石が動きます! 楽しさ、満載です。


   ーーーーー◇ーーーーー


いつもの農協市場で、珍しいものを見つけました。

また青虫クンを見つけたかって? 違いますよ。

青虫クンといえば、
昨日、近くのお寺でキアゲハのサナギを見つけました。

わかりますか? 石仏の背中にしがみついています。
黒い影みたいなのがサナギです。

CIMG5440.jpg

大きくするとこんな。体を支えている糸が見えます。
擬態みたいに、石仏の石と同化しています。

雨、風のあたらないいい場所を選んでいますね。

どうしてわかるんでしょう。頭いい。

CIMG5436 (2)

うちの青虫くんもベランダで、もう2か月余りも越冬しています。

さて、本題です。

私が農協市場で見つけたものはこれです。

「天使のいちご」

CIMG5445 (2)

入れ物の文字は赤いけど、実際のいちごは真っ白です。

CIMG5422 (2)

中は、というと、やっぱり真っ白。

確かに、天使の羽根に見えます。

CIMG5425 (4)

口に含むと、ほのかにしょっぱい。
ところがそれがすぐ、甘さに変わるんです。

すごく上品な甘さ。

果物によくあるべとべとした甘さとは全然違います。
そして、そのさわやかな甘さが持続します。

いちごの甘さとほんのりとした芳香に包まれて、
私は天使になったような気持ちに…。

そういえば背中のあたりがなんかむずむずしてきたような…。

ほらね!
「天使のいちご」を食べたら、こんな素敵な天使になりました。

森のカフェ便り (2)
ブログ「ドルスタグラム」「森のカフェ便り・VOL42ペペとブンちゃん」よりお借りしました

それに私、いつの間にか若返っているぞ。ウフフ。
ふわふわしていい気持ち。

青虫クンのモンシロチョウも石仏の背中のキアゲハさんも、
もうすぐ素敵な羽根が生えて、「天使」になるでしょう。

生きる喜びをみなぎらせて、あの青空の中へヒラヒラと。

満開の梅。小川ではハヤの群れ。半そで姿の子供たち。
春はもう来ています。


   ーーーーー◇ーーーーー

画像を使わせていただいた「dollblog48」さんは、
人形たちが登場する珍しいドールブログ
「ドールより愛をこめて」を運営されています。

今回の画像は姉妹編のこちらからお借りしました。
「ドルスタグラム」

いやなことやつらいことがあったとき、
心に空白ができたとき、
閉塞感いっぱいになったとき、

私はドールたちの仲間に入れていただき、
ひととき、この夢の世界に遊ばせていただいております。


   ーーーーー◇ーーーーー

「ドールより愛をこめて」より

「ショートストーリー2021 
ペペとブンちゃんの自慢♪」

ドールさんたちの石かつぎ、なかなか見ごたえがあります。


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村


雨宮清子(ちから姫)

昔の若者たちが力くらべに使った「力石(ちからいし)」の歴史・民俗調査をしています。この消えゆく文化遺産のことをぜひ、知ってください。

ーーー主な著作と入選歴

「東海道ぶらぶら旅日記ー静岡二十二宿」「お母さんの歩いた山道」
「おかあさんは今、山登りに夢中」
「静岡の力石」
週刊金曜日ルポルタージュ大賞 
新日本文学賞 浦安文学賞