FC2ブログ

新発見・栗橋八坂神社

力石、久々の新発見です。

とはいうものの、この発見、昨年10月のこと。

書こう書こうと思いつつ、年を越し、はや4か月も過ぎてしまいました。

発見者は、ブログ「路傍学会」の路傍学会長さんです。

「久喜市栗橋北・栗橋八坂神社」

会長さんのブログに、「石に享保の文字が見える」とあります。

場所は埼玉県久喜市の栗橋八坂神社

ここは13年前、斎藤氏が力石4個を新発見した神社です。
会長さんが見つけた石は、この4個とも違いました。

すぐ斎藤氏に連絡すると、
こりゃ、大変だ。それ、新発見です。すぐ見に行ってきます」

その日のうちに調査。

「享保石」も確認。

八坂斎藤
埼玉県久喜市・栗橋八坂神社

神社は、利根川スーパー堤防の築堤補強工事のため、
神社そのものを移転するとかで、その移転工事の真っ最中。

工事関係者は、
文字を刻んだ由緒ありげな石が出て来て処置に困ったのでしょう。

とりあえず捨てないでおこうかという感じで、地面に置かれていました。

砂ぼこりで判読が難しいので水で濡らしてみると、浮かんできました。

「享保十八年 丑六月 くりはし中丁組」

栗橋八坂神社4
63×40×37㎝

江戸中期の力石です。
八代将軍吉宗が倹約と増税の「享保の改革」を推し進めた時代です。

享保の初期に江戸町奉行・大岡越前守が登場。
その3年後には、「江戸町火消いろは組」が作られます。

しかし享保末期のこの石に刻まれた享保18年前後は、
冷夏と虫害で大飢饉発生。餓死者が続出し、加えてコレラが大流行。

腹をすかせた民衆による富裕層への打ちこわしが勃発という、
最悪の年だったのです。

この八坂神社の力石は、そんな中で奉納された力石なんです。
どういう意図があっての奉納だったのか、気になるところです。

ついでといってはなんですが、「江戸火消しいろは組」が出てきたので、
その一つ「は組」の力石をお目にかけます。

1は組末広神社
東京都中央区人形町・末広神社 66×44×16㎝

この栗橋八坂神社の所在地は、利根川と日光街道が交差する要地で、
関東三大関所の一つがあった。

しかし軍事上、架橋が許されなかったので渡船場を設置。

この「享保石」は、
渡船場で働く屈強な若者たちが奉納したものかもしれません。



にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



キャンパス育ち

「e教育サロンは、2015年には、
金沢大学角間キャンパスのイノベーションセンターの3階にありました」

と、同サロン代表理事の鈴木健之先生。

「その年の4月ごろ、
チョウゲンボウが突然、3階のトイレの窓から入ってきたのです」

3.jpeg
金沢大学角間キャンパス・イノベーションセンター

野鳥が、しかもこういう猛禽類が…。

こんなことがあるんですね。

便座に止まってなにやら思案中。
うっかり迷い込んだわけでもなさそうです。

鳥を脅さないよう、壁に張り付いて撮影したのでしょうか。
いただいた写真の両側に、白い壁が大きく写っていました。

先生、
「チョウゲンボウは、トイレまで使っています」と冗談をおっしゃいましたが、

このときは、はやる心を押さえつつ、
抜き足差し足で、息を止めっぱなしだったのでは?(笑)

「それから巣作りが始まって、赤ちゃんが生まれました。
この年は4羽。とても可愛かったですよ」

大学生まれの子供たち、みんなすくすく育ちました。

チョウゲンボウ1
同上

「その後は毎年やってきていましたが、
「e教育サロン」は、2017年に引っ越したため、お別れとなりました」

でもこの幸運な出会いは、先生の心をとらえて放さなかったようで、
このときの「4兄弟」は、今も機関誌の表紙を飾っています。

こちらは私が散歩の途中出会った鳥です。

チョウゲンボウか! と、一瞬、ドキンとしたのですが違いました。

CIMG5461 (3)

家に帰って、ネットの猛禽類の写真と首っ引き。

「ノスリ」かなあと思ったのですが、

合ってますか?


※写真・情報提供/金沢大学・一般社団法人機関誌「e教育サロン」
       代表理事・鈴木健之先生


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

チョウゲンボウが飛んできた

ほのぼのした、とっておきのお話をご披露します。

「チョウゲンボウ」という鳥のお話です。

ブログを書いていて一番良かったのは、未知の方々と知り合えたことです。
どの方のブログも個性的で夢に満ち示唆に富み、教えられることばかり。

そんなブログの一つに、メキシコ在住の日本人女性・かぐや姫さんの
「メキシコの南の小さな家から」があります。

メキシコの植物や鳥、動物などが美しい写真とともに紹介されていて、
見ているだけで、
メキシコの旅の途中のような、そんな気分にさせてくれます。

こんな記事がありました。

「珍しいアメリカチョウゲンボウ」

鳥のことはトンとわからない私ですが、
「チョウゲンボウ」と聞いて、
即、ブログ記事を金沢大学の鈴木健之先生へ転送。

折り返し先生から送られてきたのが、日本のチョウゲンボウの写真です。

チョウゲンボウ3
金沢大学角間キャンパスにて

チョウゲンボウという鳥のことは何も知らない私が、
こんなに素早く反応したのは、ほかでもありません。

昨年私は、鈴木先生が主催する「e教育サロン」の機関誌に、
力石の記事を3回も書かせていただいたからです。

機関誌の名は「チョウゲンボウ」

在野の、しかも力石という認知度の低い石っころを追いかけている私を、
名だたる先生方の中に同居させてくださった。

もう顔から火が出るような思いでしたが、
嬉しくて、それ以来、
「チョウゲンボウ」は忘れられない名になったのです。

その機関誌、よかったら見てください。

「第51号」

「第52号」

「第53号」


金沢大学の建物に、

ある日、チョウゲンボウが飛んで来て、なんとトイレに…。

チョウゲンボウ4 (2)
金沢大学角間キャンパス・イノベーションセンターにて


<つづく>


※写真・情報提供/金沢大学・一般社団法人「e教育サロン」
       代表理事・鈴木健之先生


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

行雲(こううん)

机を置く場所を変えてみた。

本棚と向き合う位置から、真正面に山と空が見える場所に。

パソコンから目を離すと眼前に迫るのは、山の緑、谷間から湧き上がる霧。
人知れず咲く山桜があるのは、あのあたりだ。

中腹の木の間隠れに見えるのは、廃道になった農道。

時折り、ヘリコプターが竹トンボみたいに飛んでいく。

今日は雨。

風に吹かれて山肌を撫でるように、雨が垂直のまま左から右へ流れていく。

次回と次々回の記事を書き上げたけれど、
なんとなくアップを躊躇。軽い疲労感。

そんなとき、人さまのブログが慰めになります。

拙ブログへお越しくださる方の中に、空ばかり眺めている人がいます。

「NORIの空写真」の、空が好きなオヤジさんもそのお一人です。

オヤジ様は毎日毎日、空の写真ばかりです。

小学生のころの私を思い出します。

夏休み中、毎日毎日空の絵を描いていて、新学期に喜々として提出したら、
先生が、「あんた、バカか」と。

私はあの大空の中で、いろんな物語を紡いでいたんですけど。

もう、おひと方をご紹介します。

「風まかせ」のkoozypさん。

「脱線しまくりですが…」と謙遜されていますが、雪国の空はまた格別です。

で、この間、パソコンから顔を上げたら、こんな雲が浮かんでいました。

私もみなさんの真似をして、撮ってみました。

これです。
CIMG5469 (5)

やっぱり素人ですね。
ハト除けの針金が写ってしまいました。

行雲。

山あれば山を観る  山頭火


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

だるまさんがころんだ

みなさま、地震、大丈夫でしたか?

前回の大地震のときは揺れが長くて、おもわず外へでましたが、
鉄筋の建物が左右にしなうのを見て、ゾッとしました。

今回は2回来ましたが、ゆらりとしただけで済みました。
みんな同じ地面で繋がっていることを実感しています。

    
     ーーーーー◇ーーーーー

苔むしただるまさんをお見せします。

コンクリート製だそうです。珍しいですね。
どなたかが思いを込めて制作したはずですが、今は路傍に野ざらし。

斎藤氏によれば、あと2体あったとか。

石造物の「老後」もいろいろ。

同じように苔におおわれても、

このだるまさんのように、残念な晩節の石造物もあれば、
年輪を重ねるごとに見る人に安らぎを与え、敬われる石仏もあります。

春日部市の達磨
春日部市市内・路傍

女性蔑視発言で叩かれまくったオリ・パラの森会長さん。
見事に古き悪しき時代を見せてくれました。

ああいう発言、あのくらいのご老人からは今も普通に浴びせられます。
思っていても口には出さないお利口さんも大勢います。

女に学問はいらない。口の達者な女は嫁の貰い手がない。
男は男というだけで女より優れている。女は男を鼓舞するだけの存在でいい。

昔、仕事のため保育園入園を希望したら、役人からこう言われた、

「あんたの亭主は、女房を働かせなければならないほど稼ぎがないのか」と。

そういう時代の、ことに権力を握った男たちには、
たぶん、あの発言が、
なぜ、女性蔑視になるのか理解できないのでは、と思います。

で、そういう男性は得てして、自分の妻や娘や孫娘には気を遣うんですよね。

と、ブツブツ独り言を言っていたら、
杉戸町の石材彫刻店のだるまさんが、首をすくめつつ声を掛けてきた。

杉戸町の達磨
埼玉県葛飾郡杉戸町・郊外

「いやー、めんぼくない。ホント、男ってやつはちっとも進歩がない」

「いえいえ、同年配のご婦人方にも責任の一端はありますよ」と私。

そういう価値観が染みついているせいか、
はたまた蔑視発言を聞いて笑ったという会場の男達のように、
媚びて言うのかはわかりませんが、

町内会の会合でもみなさん、当然のようにこう言いますから。

「やっぱり上に立つのは男でなくちゃ

するとだるまさん、ますます恐縮の体(てい)で、
「男なんて見掛け倒しでサ。このわしだって、強そうなのは外見ばかりだし」

と、デカイ目玉で天を仰いだ。

さてこの辺で、私のだるまさんのご披露といきますか。

これです。
CIMG5426 (2)

タテヨコ1cmほどの小さなだるまさんです。
横のボールペンが巨大に見えます。

目が出たり引っ込んだりします。

果たして私の人生の芽、出たのでしょうか(笑)

さて、ゆえあって只今禁酒中の斎藤氏、
ノンアルコールの缶ビールを飲んでいた時、思わぬ発見をしてニンマリ。

「こんなところに、ミニだるまが…」

あ、確かに白いだるまさんに見えますね。

斎藤氏、いわく。
「アフロヘアのジャズメン? それともNBAの八村塁選手か?」

IMG_0391.jpg

コロナ禍、不景気、災害、経済格差、貧困に、
あの性差別発言が追い打ちをかけて、人の心をより暗くしたのは確かです。

ですが、それは偶然あぶりだされた一現象にすぎない。

巨額のお金が飛び交うスポーツの祭典に、違和感を持つのは私だけだろうか。
置いてけぼりを食った庶民には、もはや夢も希望も高揚感もない。

57年前の東京オリンピックでは、日本中が沸き立っていたけれど、
あの輝きと一体感はもう望めそうにないし、望む気持ちも失せました。

83歳の次は84歳のリーダーだそうで…。

「老成円熟」という言葉が持つ重みから程遠い事態にぶったまげて、

だるまさんが転んじゃった!


にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

プロフィール

雨宮清子(ちから姫)

Author:雨宮清子(ちから姫)
昔の若者たちのスポーツ「石上げ」に使われた「力石(ちからいし)」の歴史・民俗を調査研究しています。力石のことを少しでも知っていただけたら嬉しいです。

フリーエリア
お願い
このブログに掲載されている 写真・記事等には著作権があります。 無断使用はご遠慮ください。
カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最新記事
最新コメント
訪問者数
ランキングに参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR