FC2ブログ

「さんちゃん」

三重県総合博物館へ行ってきました。

往きの新幹線が豊橋付近で緊急停車。駅のホームから人が落ちたとか。
幸いケガもなく救助されたそうですが、20分の遅れ。

名古屋駅での乗り換え時間は充分取っていたものの、
階段を駆けあがってすべり込みセーフ。
その伊勢線みえ快速、なんと車両はたったの2両

私の下車駅まで停車駅は4つ。
焼きハマグリの桑名、昔、公害で大騒ぎした四日市
次はレースで有名な鈴鹿です。

目的地の駅で師匠の高島先生のお出迎えを受けました。
出発前、「レッドカーペット敷いて待ってます」とおっしゃっていたけど、

ない!

ともあれ、5年振りの再会です。
「お互い年をとりましたねぇ」なんて、口に出しては言いません。

三重県総合博物館です。ふつつかながら、わたくしメがご案内いたします。
CIMG4781.jpg CIMG4788.jpg
  
博物館の前身は昭和28年(1953)に開館した三重県立博物館。
東海地域で初めての総合博物館だったそうです。
第二次大戦の焼け跡から、わずか8年目に出来たんですね。
新時代への意気込みを感じます。

5年前の平成26年(2014)、名称を総合博物館に変えて現在地へ移転。
ここは美術館、図書館が建ち並ぶ総合文化センターになっていました。

市名は「津」と一文字ですが、
ここの住所は、一身田上津部田(いっしんでんこうづべた)

「じゅげむじゅげむごこうのすりきれ」かと思うほど長いけど、
リズミカルで、一度聞いたら忘れられない地名です。

2階が正面受付です。
この階にオオサンショウウオの「さんちゃん」がいました。

img982_201905211911147ef.jpg
博物館パンフからお借りしました。

平成4年(1992)、伊賀盆地の川で発見。
しかし住みにくい場所と判断されて博物館へ保護したそうです。
この日は117㎝の全身を見せていました。

とにかくでかい!

こんなのが川底にいたら、岩と間違えて踏んでしまいそうです。

さんちゃんのエサはニジマス。
ひと月に一度の「お食事会」は子供たちに大人気だそうです。

img982 (4)
博物館パンフより

「さんちゃん」の旧住所は名張市美幡・小波田川(おばたがわ)。
現住所は津市一身田上津部田・博物館。

今年で27年博物館暮らしです。


※参考文献・画像提供/「南北の共存・東西の交流」「MieMuみえむ」
                三重県総合博物館
スポンサーサイト

孫が来た!

沖縄から孫が来ました。
3歳と5歳のやんちゃな男の子。

大井川鉄道のトーマスくんかSLに乗せてあげたいと思って、
静岡のおばあちゃんは張り切りました。

でも運行時期や時間が孫たちの時間とあいません。
それで小さなトロッコ電車に乗ることにしました。
昔の森林鉄道です。

登山をやっていたころはこれに乗って、南アの入口・井川まで入りました。
そのころは屋根だけしかない吹きさらしでした。

今はミニ列車というそうです。途中、日本一の急勾配を登ります。
CIMG4797.jpg
大井川鉄道=静岡県榛原郡川根本町千頭

小さなトンネルをいくつも通ります。
ダム湖で大勢の人がカヌーをやっていました。

木々も川も緑一色です。

CIMG4808_20190519191549864.jpg

茶畑も美しい。

CIMG4823.jpg

私たちは途中の「接阻峡温泉駅」で下車。
ここから上り電車で元の千頭駅まで戻ります。

ここにはおじいちゃんの駅員さんがいました。
「ふるさと資料館があるけど、ぼくたちにはまだ無理だなあ」

駅員さんが言っていた「ふるさと資料館やまびこ」です。
遠くから大学の先生や研究者、学生さんたちがやってくるそうです。

CIMG4819.jpg
静岡県榛原郡川根本町犬間

駅近くのトンネルです。
線路の一番奥の暗がりがそうです。
小さな小さな山のトンネルです。

CIMG4818.jpg

往復約2時間。幼い孫たちにはやはりきつかった。
孫たちをSLやトーマスくんに乗せてあげたい、
お嫁さんが気兼ねしないよう山の温泉宿でゆっくりしてもらいたい、
そういう私の意見を息子たちは優先させてくれたのだが…。

千頭駅に着いたら、運よく到着したばかりのSLが…。
海外からの団体さんが降りてきました。

CIMG4824.jpg

機関士さんの席に乗せてもらいました。
釜の蓋も開けて見せてくれました。

昔はもくもくと黒い煙を吐き、
吐きだした火の粉が茅葺の屋根について火事になったとか。
今は燃料も改善されて、そんなことはなくなったそうです。

CIMG4830.jpg

若い機関士さん、汗だくです。
でもニコニコとみんなを迎え入れていました。

千頭駅から山越えで今度は静岡の我が家へ。
峠越えの猛烈なクネクネ道で、孫二人はゲーゲー。

それでも家に入ると元気いっぱいになって、お菓子をパクパク。
一休みのあと、今度は東京のおばあちゃんの家へ。
孫も大変ですね。

キーボードを送る約束をして、
ハグを二回もして見送りました。

CIMG4833.jpg

最初息子は我が家にゆっくり泊まることを望んでいました。

豪華な旅より、
自分が育ったふるさとを自分の子供たちに見せたかったのだと
あとから気づきました。

「また行きます」の息子からのメールに、
「今度は家へ」と返事をしたことは言うまでもありません。

※5歳の長男、SLを見て喜ぶと思ったら、「イヤダ!」と近づきません。
 どうやら思い描いていたのはトーマスくんだったようで…。

 号トーマス

確かにこちらのSLおじさん、コワモテですものね。

CIMG4833 (2)

「おばあちゃんも機関室に乗れたよ」と写真を見せたら、「じゃあ乗る」と。

トーマスくんは構内にいたのですが、しっかり隠されていて見えません。
トーマスの権利元の承認を経て実施されているそうで、
来月6月と7月には運行されるようです。

海外からも申し込みが殺到するほどの人気で、
チケットはなかなか取れないとのことでした。

長男坊は事前に送ってあった大井川鉄道の絵本で学習してきたそうです。
期待通りにいかなかったけど、この次のお楽しみとなりました。

ブログが博物館に収蔵されました

追記

ブログ「ちい公のドキュメントな日々@タイランド」
ちい公さまがご自身のブログ上で、この博物館収蔵を記事にしてくれました。
もう過分にお褒めいただき、なんだか恥ずかし~い。

でもぜひぜひ、お読みください。

       ーーーーー◇ーーーーー

私のブログ「力石に魅せられて 姫は今日も石探し」が、
三重県総合博物館に収蔵されました。

三重県総合博物館MieMu(みえむ)です。
MieMu_gaikan.jpg
三重県津市一身田上津部田(いっしんでんこうづべた)3060 
☎059-228-2283

息子から、
「ブログが博物館へなんて、そんなことがあるんだね。
ブログ書くのを勧めてよかった」と、驚きと祝福のメールがきました。

そうですよね。私自身が一番びっくりしましたから。

ブログを始めたころ、そのころよく会っていた女友達に、
「よかったら読んでね」と言ったら、即座に、
「どうせただの日記でしょ。興味ない」

グサッときたけど、めげずに書き続けました。

「力石のことを多くの人に知ってもらいたい」
その一念で。
夢中になって書いてきて、気がついたらまる5年が経っていた。

そして届いた思いもよらなかったビッグニュース。
「嬉しいーッ!」って、地球のテッペンで叫びたかったですよ。

その夜は興奮のあまり眠れませんでした。

近々、お礼を兼ねて博物館へ行ってきます。
報告、待っていてくださいね。

苔のじいさん

内房・巡り沢の祥禅寺をあとに、今度は仲集落へ。

目的地は山王宮

ここです。
CIMG1183 (2)
静岡県富士宮市(旧芝川町)内房仲

ここには5年前来ていますから、再訪ということになります。

このときご案内くださったA子さん、
「ここにあると聞いたのですが、ハテ、どれなんでしょう?」

そこで師匠の高島先生と探し出したのが草に埋もれていたこれ(手前の石)。
おやおや、力石が蓑を着た亀になってるよ、というわけで、

   草生やし蓑亀(みのがめ)になった力石   雨宮清子

赤丸の中の石は、今回発見された力石です。
CIMG1180.jpg
2014年3月17日撮影

「見つけたぞ! やれやれ」と思っていたのに、実はまだあった。
5年後の新たな発見者は郷土史家の増田氏です。

やっぱり凄い!

仲集落の住人だった故・望月満久氏が、
平成19年に「仲ものがたり」という小冊子を発行。
その中にこんな記述があったという。

宝鏡庵の境内に力石を置き、
住民が集まるごとにこの石を上げ、力自慢を競った。
石の重量は12貫、16貫、20貫と記してありました」

これを読んだ増田氏。さっそく、探索に乗り出します。

そこで新たに見つけたのが、こちら(赤矢印)。
5年前は力石だと知らなかったので、石は単に写り込んだだけ(上の写真)
でも今度は全体を写せました(下の写真)

ちなみに「宝鏡庵」とは「山王宮」と地続きのお堂のこと。
以前発見した力石も今回のも、このお堂の前にあります。

   春陰ひそと堂に埋もるる力石   雨宮清子

CIMG4729.jpg
2019年3月28日撮影

でもですねえ、
この石、先っぽがちょっと欠けてしまっていて、おまけにだらけ。
私、思わず、「なんだよ、すっかり苔のじいさんになっちゃって!」
と毒づいたけど、歳月は石も待たず、なんですねぇ。

   春深し草をめくれば力石
            苔の翁に成り果てており    
雨宮清子

余計なことですけど、ブログ「日々是輪日」の「三島の苔丸」さん、
なんで「苔」なんだろう? お若いのに。

新たに発見された力石「苔のじいさん」です。
CIMG4728.jpg

ともあれ、
望月氏が書き残してくれた力石3個のうち、2個が見つかりました。

でもここで疑問が…。

増田氏は「今回発見の石は12貫、手前の石が16貫で20貫は行方不明」
とされていますが、石質は抜きにして大きさだけから考えると、
手前の蓑亀状態の石(62×33×28㎝)は20貫を越えているはず

石の貫目は「正」=正味=と刻まれている石以外は、
刻字の貫目に八掛けするとその石の本当の重さが出るといわれています。
 ※八掛け=刻字の貫目に0・8を掛けた数字のこと。

昔の若者は力を誇示するため少々、サバを読んだのです。

ですから、力石の実際の重さは刻字貫目より少ないことが多いのですが、
ここの石は逆で、伝えられている貫目より見た目の方が重そうです。

下の絵は、静岡市清水区由比東山寺・薬師堂での力比べです。
2010年にこの場所から6個、掘り出されました。松永宝蔵画

仲集落の若者たちもこんなふうに石担ぎを楽しんだのではないでしょうか。

img904_201905090939212bd.jpg
「静岡の力石」高島愼助、雨宮清子 岩田書院 2011の表紙を飾りました。

さて、故・望月氏のいう「貫目を記してあった」は、
何に記してあったかは不明ですが、
現時点では石の刻字は確認できておりません。

で、埼玉の研究者・斎藤氏も私と同意見で、

「例えば、埼玉にある同じ大きさの石「米八斗目」(63×34×28㎝)は、
32貫120Kg
八掛けしても25、6貫になるから、そこの石も20貫はゆうに超えているはず」と。
 ※米1俵(60Kg)は4斗。

また全国的に、力石は16貫(60㎏)担げて一人前とされていたことから、
力比べには16貫以上の石を持ち上げていました。
なので12貫の力石というのはどうなのか。

これらのことを踏まえて再考する必要がありそうです。
増田さま、疑問を呈しましてごめんなさい。

下の写真、左の建物が宝鏡庵です。
力石は写真中央の、
左の石仏群と右の腰の曲がった老夫婦みたいな2本のの間にあります。

CIMG4734.jpg

今はただ静寂だけが広がっています。

でも、耳を澄ませば
力比べの若者たちの笑い声が、地の底から聞こえてくるような…。


※参考文献/「内房の力石」増田文夫 私家本 平成31年
        /「仲ものがたり」望月満久 私家本 平成19年

2個目の新発見・後篇

塩出(しょで)の枝垂桜を堪能して、再び元の道を引き返す。
行き先は巡り沢集落の祥禅寺です。

祥禅寺の入り口です。

創建不明。
この寺は戦国時代、甲斐の武田信玄の駿河侵攻に伴い、
武田の重臣・穴山梅雪の庇護をうけた。臨済宗妙心寺派。

石柱が傾いているわけではありません。私の撮り方が悪いのです。
CIMG4720.jpg
静岡県富士宮市(旧芝川町)内房巡り沢

増田文夫氏は著書「内房の力石」にこう書いています。

「以前、望月衛さん(当時93歳)にお聞きしたら、
巡り沢にもかつては力石があったと言った。
衛さんが小学生のころ、今の集会所のところに公園があって、
力石はそこにあった。子供たちが数人で転がすのがやっとだったという」

子供だった衛おじいちゃんが見たときから、すでに約90年
力石は公園から姿を消して、行方知れずになっていた。

一体どこへ?と探し歩く増田氏。
そんなある日、
この祥禅寺の入り口で、一個だけ石垣からはみ出ている石を発見。
衛さんに確認すると「これのようだ」と。

静岡県内での267個目の力石です。

寺の入り口です。
みなさま、どこに力石があるかわかりますか?

CIMG4725.jpg

答えは、
「2基ある庚申塔のうちの右側の庚申塔をごらんください。
その庚申塔の下部に刻まれた三猿の右横にあります」

言われなければ絶対わかりません。
増田さんの執念眼力に脱帽です!

で、この力石、石垣に頭の先っぽだけを突っ込むような形で、
コンクリートで固定されていました。

「ぼくもみんなと同じ仲間に入れてよー」って叫んでいるみたいに…。

   石垣の仲間はずれか力石   雨宮清子

さらに近づいて見ると、こんな感じ。
力石を見下ろしている石垣の石(赤矢印)、
なんだか人の顔に見えません?

しかも不気味に笑っている。

上の写真にも、「不気味に笑う石」の顔が半分写っています。

CIMG4723.jpg

  
  石垣仲間はずれの力石を笑う   雨宮清子

この人面石?を見て、私、ゾーッとしたんですよ。

角度をかえてみてもやっぱり不気味に意地悪っぽく笑っている。

その笑う石の右下には、
眉間にシワを寄せた武士みたいな怖いオッサンまでいる。

  石垣力石の孤独を笑う   雨宮清子


CIMG4724.jpg

 
ああ、哀れなり、力石!

と、少々暗い気持ちになったけど、落ち着いてよくよく見直したら、
さっきまでの不気味さや意地悪っぽさは消えて、

「一人ぼっちの力石さん、私たちがいつまでも見守っていてあげますよ」

なぁ~んて言っているような、
そんな慈母のごときお顔に見えてきた。

でも、家に帰って改めて写真を見たら、やっぱりゾッとした。


※夏目さんから投句をいただきました。

  重てえなぁ力石(おめぇ)代われよこの俺と   夏目

な~るほど。そういう見方もありましたか。 
石垣で居続けるのも大変なんだ! 

ついでにおまけ。
この石垣はこんなふうに本堂へと延びております。
石垣の石、あっち向いたり、うつむいたり、そっぽ向いたり…。

CIMG4727.jpg


※参考文献/「内房の力石」増田文夫 私家本 2019
プロフィール

雨宮清子(ちから姫)

Author:雨宮清子(ちから姫)
昔の若者たちのスポーツ「石上げ」に使われた「力石(ちからいし)」の歴史・民俗を調査研究しています。今、「力石からバーベルへの道」を書いています。

お願い
このブログに掲載されている 写真・記事等には著作権があります。 無断使用はご遠慮ください。
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
訪問者数
ブログランキング
ブログランキング
ランキングに参加しています
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR