fc2ブログ

「由比かるた読本」

由比の力石
06 /27 2022
先月、由比の久代さんから何年振りかのお電話を頂戴した。

「由比のかるたの本が出来ましたッ!」

あの頃と変わらない元気いっぱいの声が、
電話の向こうから聞こえてきました。

私の力石調査はここから始まったというほど、
久代さんは精力的に地元を訪ね歩き、逐一、情報をくださった方。


この心強い援軍で、私はどんなに励まされたことか。

早速会いに行きました。

JR由比駅で再会。そこから至近距離の
「見晴旅館(みはらしりょかん)さんでランチをいただきながら、
ご本を拝見。

これです。
img20220609_10180939 (2)

久代さんが長年所属する歴史の会「結愛文化クラブ」発行の労作です。

これは国土交通省富士砂防事務所が平成18年に発行した
「由比・薩埵峠風物誌」の中の「いろは歌留多」を、
読み物風にまとめたもの。

表紙の広重の絵や写真も歌留多になっていました。

img20220609_10461978 (3)
静岡市清水区由比

由比とくれば、なんといってもサクラエビが有名です。

でも最近、漁獲量が減って高級品になってしまいました。
「昔はたくさん獲れたので安く手に入ったんですけどねぇ」と久代さん。

サクラエビ料理の定番はかき揚げですが、
漁師さんたちはこんな食べ方をしていたんですね。


img20220609_10271434 (2)

ここから大相撲力士も誕生。

化粧まわしも広重が描いた「薩埵峠から見た富士山」です。

img20220609_10331521 (2)

由比で忘れてはならないのが「地すべり」

過去に何度か大災害に見舞われています。

作家の幸田文さんもここを訪れて「崩れ」を書いています。

img20220609_10241395 (2)

由比には歴史のある寺や神社がたくさんあります。

豊積神社は、
若者たちが担いで勇壮に太鼓を打つ
「お太鼓祭り」で有名です。

この神社と隣りの桃源寺にはそれぞれ雌木と雄木のイチョウの巨木があって、
二つ合わせて、「夫婦イチョウ」と呼んでいます。

由比本陣は今は「東海道広重美術館」に生まれ変わっています。

こちらは私費を投じて道路や橋を作った「望月幸平」翁です。
久代さんイチ押しの郷土の偉人です。

img20220609_10300527 (2)

「由比かるた読本」によると、この方は大庄屋の家に生まれ、
成人して江戸へ出て、井上八郎門下に入り、
北辰一刀流の免許皆伝を受けた。


幕末、公武合体に尽力し、維新後、山岡鉄舟から、
京都武徳殿の指南役に抜擢されたがこれを辞退。

故郷に帰り、郷土の発展に尽力したそうです。

img20220609_11534822 (3)

顕彰碑は以前の碑に、近年、新たな碑を加えて整備。
これは他県在住のご子孫が私費を投じて作ったものだそうです。

この「由比かるた読本」は、後世に残しやすくするために冊子にし、

「楽しみながら郷土について学び、
子供たちにもわかりやすく」


を心がけて制作されたとのこと。

随所にみなさんの愛情があふれています。

そして、「力石」もちゃんと入れてくださっていました。
散策マップにも紹介されています。

これです。地区内の5カ所にある力石です。
img20220609_10510833 (6)

一番上にあるのが、東山寺薬師堂の力石です。

境内から掘り起こされたのを記念して、
地区の人総出で、力石の重さ当てイベントを開催。

懐かしい思い出です。

こちらはかるたの「薬師堂」です。

img20220609_10395535 (2)
静岡市清水区由比東山寺・薬師堂

「由比かるた読本」の冒頭には、こんなことが書かれています。

「会員の高齢化で退会者も増え、活動の気力も衰えてまいりました。
それでも趣向を変え、細々ながら継続しております」


そして、このような立派な本を世に出された。

「老い」に逆らわずあきらめず、
ゆっくり歩まれているみなさんから、大きな勇気をいただきました。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



奥秩父の力石

みなさまからの力石2
06 /24 2022
ちしゃ猫さんのブログに、最初に力石が登場したのは、5月24日。

「いつも気になっている小さな神社?に、鎮座している力石」

これです。
秩父力石2

この石はすでに採録済みでしたが、
その後、うれしい情報を寄せてくださったんです。

「コロナ騒ぎ以前はここで力石をあげる「力自慢の競技」があって、
力に自信のある男たちが持ち上げていた。
でも女性でただ一人、持ち上げた方がいらっしゃいます。

里山に住みたいと移住してきて、
里山に似合う犬と一緒に暮らしたいと、甲斐犬を里子に迎えた。
今ではすっかり甲斐犬にハマっています」


こちらがその方の愛犬、レンちゃんです。

レン 「なんだか、怖そうなお姉さんだなぁ」

対するたまちゃん、黒々とした大きな体で、
「ウウー! 見かけない子ねぇ。アンタ、新入り?」

とってもキュートなお嬢さん風の「レンちゃん」、
 実はたまちゃん、甲ちゃんよりずっと大先輩なんだそうです。

 穏やかな「犬柄」が、表情に出ていますね。
 
レンちゃん1

レン 「とにかく、挨拶しとこうっと。よろしくお願いします!」

たま 「あら、チビちゃんのくせに積極的だわね。
    でも今は用心して、目を合わせないようにして…。
    クンクン。むにゃむにゃ。
    うん、どうやら素直そうないい子みたいだ。


    なになに? レンちゃんは大先輩ですって?
    ありゃァー。それなのに「チビちゃん」だなんて。ごめんなさい」


私は「たまちゃん」だと思い込んで書いていますが、
 もしかしたら「甲ちゃん」? 間違っていたらごめんなさい。
 見分けがつかなくて、すみません。でもこのまま続行。お許しあれ。

レンちゃん2

威厳ある甲斐犬が大先輩に、
みっともないとこ見せちゃいけないわよね。

緊張感まるでナシのこんなのや、
甲斐犬でれ

花も恥じらう「たま姫」にはあるまじきこーんな姿は、
レン先輩には
絶対、内緒にしとかなくちゃ。

甲斐犬昼寝

甲兄ちゃんの弱みはレインコートが苦手なところだから、
あれも気を付けなくちゃ。

甲牙 「もしもし、かあさん。これだけは勘弁してくださいよォ!
森林の王・オオカミの子孫がレインコートじゃ、ご先祖様が泣きます」

雨合羽甲ちゃん

一口メモ(ちしゃ猫さんのブログから)

犬の先祖のオオカミは後ろ足の指が5本あった。
現在の犬は退化して4本しかないが、
原種に近い甲斐犬などは、退化しないで残っている。
これを「狼爪」という。

甲牙くんの足。
狼詰1狼爪2

下のURLで、
奥秩父の甲斐犬さんたちの生き生きとした暮らしと、そこに鎮座する力石を、

ぜひ、ご覧ください。

「番外 力石」

この地で今も大切にされている力石です。

秩父力石1

「甲ちゃん」「たまちゃん」「レンちゃん」や仲間の犬さんたち、
そして、里山のみなさま、


いつまでも力石と、ずっと一緒にいてやってください。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

弾丸娘がやってきた

みなさまからの力石2
06 /21 2022
東京から奥秩父に引っ越してきた「ちしゃ猫」さんご一家。

「この自然豊かな里山の環境に適した子との出会い」を望み、
日本の天然記念物の中でも数少ない原種の甲斐犬」を迎えます。

それが甲ちゃんこと甲牙くん。

甲斐犬りりしい

「原種の甲斐犬と暮らすのは初めて」というちしゃ猫さんご一家。

この犬はどちらかというと、野生動物の感覚なのだそうです。

その甲牙くんの里親になったご一家は、
甲ちゃん共々、次第に自然の一員となり、地元に溶け込んでいきます。

雪が消えた野山は、一気に春。

ナガバノスミレサイシン       ニョイスミレ
ナガバノスミレサイシン ニョイスミレ

ちしゃ猫さんは「スミレ」にも詳しい方です。

「春が来た 春です♪♪」

いろんな鳥が姿を見せてくれます。

オオタカです。
甲斐犬オオタカ

ツツドリとも出会いました。

ツツドリ

そして、甲ちゃんが来てから4年後、また一人、新たな家族が加わりました。

甲斐犬のたま姫こと「たまちゃん」です。

もう、元気いっぱい。

もぐら穴に首を突っ込み、ヤマカガシを見付ければ闘志満々で突進する。

そこでちしゃ猫さんがつけた愛称が「ダンガン(弾丸)姫」

たまちゃんの攻撃を受けて、即死したもぐらくん。
ヤマカガシも八つ裂きに。

「だって、あたいの中の野生の血が騒ぐんだもン」

哀れ、もぐらさん。
もぐら

「ヌ~~ン、たまちゃんでつ」(飼い主さんのキャプション)

「ツキノワグマの子供かと思った」ですって! 失礼な!

ぬううんたま

それにひきかえ、ちょっとシャイな甲ちゃん、

「僕の苦手なものは、マダニ、花火に、女傑犬なんだけどな」

と、やんちゃな妹にタジタジ。

でも、そこは快(甲斐)男子。

全力疾走する甲牙青年です。
さすがの「たま姫」も、ついていくのに、「息も絶え絶えでち」

と、ご紹介しましたが、間違えました!
一日遅れの訂正です。

下の写真は「陣くん」だそうです。
ちしゃ猫さん、ご指摘ありがとうございました。

でも、「陣くん」の名場面も、このまま見てあげてくださいね。

甲ちゃん走る

こちらが「甲牙くん」です。

甲1

ズーム・イン

甲2

もひとつ、おまけに、こんな場面も…。

甲3

たまちゃんが来る前の甲ちゃんには、
大先輩の「クマちゃん」との永遠の別れがあった。

それを乗り越えることが出来たのは、やっぱり女傑・たま姫の存在かもね。

ちょっと元気すぎるけど、今じゃ、一番の仲良しです。

その「二人」からの伝言です。

「以下のURLに、雪の日の元気なぼくらの動画が出ています。

特に、3番目の「二人でおいかけっこ」の動画、
ぜひ、見てください!

「冬の生活(3)」

さて、ここからは力石のお話です。

甲ちゃん、たまちゃんの楽し気な様子を拝見していたら、
記事の中になんと、力石が出て来たのです。

次回お伝えします。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

奥秩父の「甲斐犬」さん

みなさまからの力石2
06 /18 2022
昔… 私の話はなんでも昔ですが、とにかく昔です。

山梨県の山を歩いていたら、ふいに、
スレンダーな体格のワンくんと出くわしました。

迷彩色みたいな地味めの柄を、それこそ顔からシッポの先までまとい、
両耳をピンと立てた古武士のような、一見、こわもての風貌。

それがふいに現れてシッポまで振って、どこまでも私についてくる。
5,6人いた同行者には目もくれず、私を選んでくれたのは光栄だけどサ、

アンタ、どこの誰なのよ!

でも、こんな柄のワンくんには以前にも会ったことがある。
子連れで南ア南部の茶臼岳に登った時、頂上直下の小屋にいた。

img20220611_09040607 (2)
静岡市・南ア・茶臼小屋

当時は杣小屋で山も地味だったから、登山客はあまり来ない。
そこへ子供がきたので犬は大喜び。
もうベロベロ舐めまくりです。


もう一匹はかなり薄い柄で、耳も垂れ気味。

二男と。
img20220611_09040607 (3)

こわもての割には、とっても大人しくて人懐っこい。

小屋番のおじさんも大丈夫と判断したのか、鎖を解いて自由に遊ばせてくれた。


長男と。
img20220611_09040607 (5)

それから10数年後、ここを訪れたとき、同じ柄の犬が飛び出してきた。

小屋は小ぎれいになり小屋番さんも代が替わっていた。
ワンくんはあのときと変わらない顔つきだったから、子孫なんだろうと思った。


さて、藪の中から突然現れたワン。

私が止まればピタッと止まる。動きだすと後ろからついてくる。

そんなこんなで下山になって林道に降りたとき、がやがやと人の声がした。

「おい、いたぞ!」と、おじさんの一人が叫んだ。

見れば、鉄砲を持った猟師さんたちだ。

おじさんたちはニヤニヤしながら、
「ありゃァ、あいつ、好きな彼女が出来たらしいぞ」なんて言っている。

聞けば、猟の途中でいなくなって探していたのだという。

そのとき私は初めて知ったのです。

この犬は「甲斐犬」(かいいぬ・かいけん)という種類の猟犬で、
この変わった柄は「虎毛」だと。

そういえば口元に血がついていたから、勇猛果敢に獲物に噛みついたのかも。

でも人懐っこい犬だったし、ちょっと振り返って見ると、
「待ってました」とばかりにお尻ごとシッポを振るし…。


私にはおじさんたちの鉄砲の方が怖かった。

そんな懐かしの「甲斐犬」に、再び、お目にかかったのは、

「甲ちゃんと一緒 
たまちゃんも一緒 いつまでも一緒」


という、「ちしゃ猫」さんのブログです。

甲ちゃんこと「甲牙くん」です。
きれいな体形をしていますね。

甲斐犬甲ちゃん

奥秩父にお住まいの方で、
豊かな自然の中、人も犬ものびのびと逞しく暮らしています。

警戒心の強いワンくんですが、
飼い主さんには100%心を開き、全幅の信頼を寄せるという忠犬だそうで、

ブログの中の甲ちゃんも、おてんば娘のたまちゃんも、

「オイオイ、古武士の甲斐犬がそれでいいんかい?」

と言いたくなるくらい、その甘えっぷりは半端ではありません。

甲斐犬甘え

これも飼い主さんとの確固とした絆のたまものでしょうか。

次回も写真をお借りして、りりしくもチョッピリひょうきんな、
「甲ちゃん」「たまちゃん」を、ご紹介していきます。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

慈しむ

富士塚
06 /15 2022
「的と胞衣」(横井清 平凡社 1998)を読んでいたら、こんな記述があった。

「高貴の家の台所を「御清所」と言った。
そこで働いていた上役の女性を「御清(おきよ)」と言い、
転じて、女中・下女のことを「お清」というようになった」

そういえば夏目漱石の「坊ちゃん」にでてくる女中も「キヨ」だった。

ありゃー。

私はお女中の名を付けられちゃったのか。(*`へ´*)
でもこの著者の名も「清」さん。

でも親は一生懸命考えて付けてくれたことだし、何でも感謝しなくちゃね。

それはさておき、
「縄文土偶ガイドブック」(新泉社 2014)の著者・三上徹也氏が、
序にこう書いています。

「土偶を見ると、何か心の一番奥にあるものを呼び起こされるような、
懐かしい、安心した気持ちになるのはなぜでしょうか」

DSC06074_202206080814249f0.jpg

そんな一つに、
死んだ我が子の足型や手形を粘土板に写し取ったものが
各地に残されています。


「手形・足形付土版」「大石平遺跡」(青森県新城字天田内)出土。
田中義道氏撮影。青森県立郷土館所蔵
足型手形
「世界遺産・北海道・北東北の縄文遺跡群アーカイブ」よりお借りしました。

1歳前後の子供の手形と足形なんだそうです。

死んだ我が子の手や足の型を粘土に写し取り、
粘土板にあけた穴に紐を通して形見として家に吊るしておいたもので、
その親が死んだとき、副葬品として一緒に埋葬した
のだそうです。

また函館市の考古学者さんの話では、
墓地から、ポリオのような病気で動けなくなった子供を、
みんなでケアして成人まで面倒を見たような人骨も出て来たそうです。

確かに、
「心の一番奥にあるものを呼び起こされる」
ような気がします。

さて、赤ちゃんは、
お母さんのおなかの中では「胞衣」(えな)に包まれています。
※胞衣とは羊膜と胎盤=後産(のちざん)のこと。

生まれてくるとき、その胞衣を破って出て来るそうです。

こちらは、
フォトエッセイ「わらべ地蔵」の中の「子育て地蔵」です。杉村孝制作
この本は、寺のご住職が亡き我が子を追慕して綴ったエッセイ集です。

img20220608_08582633 (3)
「わらべ地蔵・悲しみをお地蔵さんにあずけて…」藤原東演、杉村孝
すずき出版 1996

この「胞衣」、
今はゴミとして廃棄されますが、昔の人たちは違いました。

「胞衣は桶や壺に入れ、日時や方角を見て吉方にあたるところに埋めた。
太陽の威力が最も盛んな時刻(正午)は、
胞衣に悪影響を及ぼすので避けた」
(横井清氏)

「胞衣納めをめぐって」の著者・土井義夫氏は、より詳細に記述しています。
※「江戸の祈り」江戸遺跡研究会編 吉川弘文館 2004より。

「胞衣納めの記述は平安時代の日記にあり、胞衣を納める壺
昭和の戦前まで売られていた。

胞衣は水と酒で洗い、男の子なら墨や筆を、女の子なら縫い針などを
胞衣と一緒に壺に入れ、それをさらに曲げ物や桶に入れて

吉方・恵方にあたる山中に行く。
人足が穴を掘り、埋めた上に
松の木を一本植えた

img20220608_09013522 (2)

昔、取材させていただいた家具職人のかつみゆきお氏の著書、
「山の心 木の心 人の心」に、こんな記述があります。

「立木はね、伐らない方がいいと思ってる。
立って生きてる木が一番立派だよな。

山へ行くと、一般ではダメって言われてる木が一番立派でしょ。
山で苦労してるから。
人間だって苦労してる人間の方が味がある」

本当の職人さんって、こういう人なんだと思いました。

かつみゆきお=静岡市生まれ。家具職人・木工作家。登山家で写真家。
        傘寿で世界一人旅。現在82歳。
        今なお精力的に日本各地で個展を開いている。

「ヒンズークシュ、サルトアンバスへの道で」1971 
img20220609_18271673 (2)
「山の心 木の心 人の心」文・写真=かつみゆきお 池田出版 1997より

かつみさんの足元には到底及びませんが、私も山が好き。

考古学者の三上氏が土偶を見て、
「心の一番奥にあるものを呼び起こされる」のと同じように、


かつみ氏も私も、「山に呼び起こされた」のかもしれません。

で、そんな山ン中を歩いていると、
ポツンと一本、見事な松の木を見ることがあります。

ひょっとして、かつての胞衣納めの現場だったのかもなんて思ったりします。

で、昔の人は「胞衣」をなんでこんなに大切に扱ったかというと、
ただただ、子の健やかな成長を願ってのことなんだそうです。

決して非科学的などと笑えないと思うのです。

だって、これって、
物事をなんでも金銭に換算してしまう現代人に一番欠けている
「無償の愛」だと思うから。

で、私、ふと思ったんですよ。縄文の土器に付けてある像は赤ん坊で、
これはその子の
胞衣壺ではないのかって。

「人体文様付有孔鍔付土器」
「鋳物師屋遺跡」出土(山梨県南アルプス市下一ノ瀬)
土偶装飾
出典は「南アルプス市ふるさとメール」
「南アルプス市ふるさと文化伝承館」所蔵

目の下から頬にかけての2本の線は入れ墨だそうです。

縄文時代の入れ墨は家族や出自などの「帰属を表すもの」で、
男女とも入れていたという。

素人考えですが、これがもし「胞衣壺」なら、
この中の胞衣と赤ん坊の帰属を示したものかなぁと思ったのです。

どうなんでしょう?

私の勝手な想像ですが、
壺に付けた像の手の指が3本で表されているのは、
まだ人間にはなりきれない半人前との認識があったからではないのか、と。

さて、南アルプス市ではこの土器の愛称を公募した結果、
「ピース」と決定したそうです。

ここにはふっくらとしたお腹をした女性の土偶「子宝の女神ラヴィ」もあって、
あわせて「ラヴィ&ピース」と呼ばれているそうです。

なんか、いいですねぇ。幸せを感じます。

詳しくは下のURLをご覧ください。
「南アルプス市」

ド素人の私メが、
「これ、胞衣壺ではないのか」などと発言するのは恐れ多いのですが、
でも、過去にそう考えた考古学者さんがいたんです。

土井義男氏の論文に、
「木下忠さんという方の論」として出て来たんです。

木下忠氏の論というのは、これです。

「縄文時代の竪穴式住居から出てくる埋め甕という遺構が、胞衣を納めた
容器であろうという仮説を民俗事例を採用して実証しようとした」
と。

私は小躍りしましたが、結論を読んでがっかり。

「今のところ、類推に過ぎない」

でも、中沢新一氏の「精霊の王」(講談社 2004)に、

「長野県諏訪では子供が生まれると胞衣の代わりに綿を扇に被せて奉納する」
という話が出ていました。

やっぱり「胞衣」って、特別のモノなんだと思いました。

現代人には「ばかばかしい」と一蹴されそうですが、
今は廃棄物という認識の「胞衣」であっても、気づかないだけで本当は、
私たちの心の奥底にはこういう「慈しむ」という記憶が刻まれている、

そう思うんですよ。

その遠い先祖の記憶が、何かをきっかけに呼び起こされるんだと。

こちらは私が一番、心を打たれた縄文土偶です。

「子を抱く土偶」 縄文中期
東京都八王子市の「宮田遺跡」出土。国立歴史民俗博物館所蔵

img20220608_09442059 (3)
「縄文土偶ガイドブック」三上徹也 新泉社 2014よりお借りしました。

おっぱいをあげているのでしょうか。赤ちゃんもまるまる太っています。

お母さんの足を見てください。横座りしています。

その太い腿の上に我が子をしっかり乗せて、
もう可愛くてしょうがないといった感じで抱きしめています。

縄文の母の慈しみ。

しみじみと胸に沁みました。


ーー「富士塚」のお話はこれにておしまいーー

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

雨宮清子(ちから姫)

昔の若者たちが力くらべに使った「力石(ちからいし)」の歴史・民俗調査をしています。この消えゆく文化遺産のことをぜひ、知ってください。